スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーフェスティバル2013年〈冬〉レポート

 こんにちは。林哲平です。

 2月11日に幕張メッセで開催された、ワンダーフェスティバル2013年〈冬〉に行って来ました。
 
 個人的に気になったものを撮影してきたので、いくつか紹介していきます。

wf2013e.jpg
wf2013f.jpg

 若丸屋さんより「ジャオーム」

 前作のサイバスターポゼッションにつづきマサキ最初の乗機を立体化。若丸屋さんお得意のメリハリを効かせたプロポーションバランスは見事の一言。今回のワンダーフェスティバルでも、圧倒的な存在感を放っていました。

wf2013g.jpg
wf2013h.jpg

 シリコントライブさんより「バロンズゥ」

 『ブレンパワード』メカ最大の特徴である、板バネが折り重なったかのような複雑なディテールをシャープに立体化されています。特に頭部はディテールの密度も濃厚で、見る者を圧倒させます。

wf2013a.jpg

 有有堂さんより「三世村正」

 メリハリの付いたケレン味あるプロポーションバランスと複雑なディテールを兼ね備えた力作です。

 こちらは以前第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(2)E.O.S OBの会編で紹介したポストホビー厚木店の店員である私の友人の弟さんが製作されたものです。

 若丸氏と友人関係にあるとのことで、2世村正製作にあたりメカスクラッチの極意をいろいろと教わったとのこと。事前に作っているという話は聞いていましたが、ここまで凄いものだと思っていなかったので見てびっくりしました。

 まだ若いモデラーさんなので、これからの成長がとても楽しみですね♪



wf2013d.jpg

 FrameWORKさんより「E.S.アシェル」

 コスモス以外はなかなか立体化に恵まれることのないゼノサーガシリーズのメカ。胴体と頭が一体化された独特のデザインを破綻することなくシャープに立体化しています。

wf2013b.jpg

 G・A・O電気ぶたナマズさんより「バランシュナイル」

 ネオ・グランゾンの影に隠れてイマイチ印象の薄いバランシュナイルですが、私は大好きです。上半身のみという特異なバランスを崩すことなく見事に立体化されています。

wf2013q.jpg
wf2013p.jpg

FieldGreyModelingさんより「チェーンガンシステム ダムド9009」

 かつてホビージャパンで連載された『電脳戦機バーチャロン ワンマンレスキュー』に登場したガトリングガンです。コトブキヤのライデンに持たせるためのキットで、バーチャロンファンにはたまらない一品です。


wf2013m.jpg

  道楽模型堂さんより「1:48ドール」

 CADと立体成型機を駆使して制作されたドール。ドールはギミック満載のSPTで、道楽模型堂さんのドールは設定画のバランスを崩すことなく、ギミックを組み込んだま素晴らしい作品です。このまま行けば完全変形レイズナーMK‐Ⅱとか作れるんじゃないでしょうか? 次回作が今から楽しみです。

wf2013l.jpg

 Dolly Daggerさんより「ブラックサタン」

 『魔神英雄伝ワタル2』に登場する第六星界のボスです。今回ワタル系の立体物はとても多かったのですが、劇中のイメージを忠実に再現した造形と精度の高い造形が光る、Dolly Daggeさんの魔神が一番良かったと思います。

wf2013i.jpg

 FlatFactoryさんより「VA‐1SSメタルサイレーン」

 黒歴史とされることも多い『マクロス2』よりメタルサイレーンのファイター形態を立体化されています。スケールは1:72ですが非常に大型のモデルで、キャラクター性を損なわないように、航空機的な造形がされた素晴らしい作品です。「メタルサイレーンてこんなに格好良かったのか!!!」と驚かされました。



wf2013c.jpg

八広ディーシーさんより「カドモス」

 「月刊アフタヌーン」に掲載されていたSF漫画で高名な星野之宣氏の作品『ムーン・ロスト』に登場する宇宙船です。私も星野氏の描くメカは大好きで、ガンダムウェポンズ 逆襲のシャア編IIでは氏のデザインしたハイ・ストリーマー版νガンダムを製作したりしていますが、このカドモスはまったく存在を知らなかったので勉強になりました。

 星野メカ、いいですよね♪



wf2013r.jpg

 がばごぼげべさんより「デミウルゴス」

wf2013s.jpg

 「ティアマト」

 『女神転生シリーズ』の悪魔を精力的に製作されているがばごぼげべさんの新作はデミウルゴスとティアマトです。デザイナーの金子一馬氏が「戦隊モノのラスボスをイメージした」というデミウルゴス。命の誕生を司る地母神として男性器と女性器を匠にデザインに取り入れたティアマト。金子一馬氏のイラストイメージ通りに立体化されています。

wf2013t.jpg

 造魔殿さんより「ニャルラトホテプ」

 「ペルソナ2罰」の最終ボスを立体化されています。低いレベルで初挑戦し、全体攻撃一撃で全滅したのも懐かしい思い出です。

wf2013u.jpg

 真・造形何とかの会さんより「ピグモン」

 ピグモンの死骸から冬虫夏草のような寄生性のキノコが生えているというシチュエーションの造形物で、ジャングルなんかに置けば本物と勘違いしてしまいそうです。こういった形での「もし怪獣が本当にいたらどうなるんだろう?」とのアプローチは斬新で、とても面白いと感じました。

 MPMさんより「紙だけで作られた動くロボット」
wf2013n.jpg

 MPMとは「Mechanical Paper Model」の略称で、朽ち行く機械をテーマに動くペーパーモデルを製作しているとのことです。

 写真のロボットは軸に串を使っている以外は歯車まで全レーザー裁断された紙で出来ており、輪ゴムを動力として動きます。

 動いているところを見ましたが、Zナイトのようにウィンウィンと前身し、紙でここまでできるのか! と衝撃を受けました。

 最近のペーパークラフトは凄いものばかりですが、機械のように動くものまであるとは。世界は広いですね。


 ワンダーフェスティバルには日本中から集まった造形物が所狭しと並んでいるので、否が応にも制作意欲が高められますね。

 次回のワンダーフェスティバル2013年〈夏)がいまから楽しみです♪





 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg


 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

 こちらは奥さんが「紙世ハル」のペンネームで活動している現代アートを扱ったホームページです。

 フォークトイアレンジメント



模型・プラモデル ブログランキングへ


 
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

GEISAI♯17参加してきました!!! &気になる作品のアフタレポート

 こんにちは。林哲平です。

 2012年9月2日に開催されたGEISAI♯17に参加してきました!!!

 GEISAI♯17ホームページ

 GEISAI♯は30歳以下の若手アーティストのみが参加できるアートイベント。しかし! 今回だけはその制限が解除されており、若者の中にまじり様々な年齢層のアーティストが参加されていました。

 今回のゲスト審査員は写真家の鈴木心氏

 おなじく写真家の蜷川実花氏。そして…

 『機動戦士ガンダム』を作ったロボットアニメの神様、富野由悠季氏という超豪華メンバーでした。


 まずは会場で気になった作品を紹介していきたいと思います。


geisai1881.jpg

 こちらは会場内を歩いていた風船のドレスを来た可愛らしい女性。

 写真撮影をお願いすると、にこやかに答えてくれました。
 
 着ているドレスよりも、中身のほうが美しい芸術作品ですね。
 
geisai1891.jpg

 奈良精機(株)氏の作品

 金属素材をボルトとナットのみで組み上げたメカニカルな人体象です。

 ネジ止めされた関節部は全て可動し、人体さながらのポーズも可能だということです。

 使われている金属素材も様々な機械の部品をそのまま使っているとのこと。

 私のケルバーダインと方向性は似ていますが、比べ物にならない高水準の完成度で今回のGEISAI♯17では1番衝撃を受けた作品でした。

geisai1875.jpg

 真弓俊彦氏の作品

 一見CGに見えますが、なんとこのドクロはシャボン玉から作られているというのです。

 シャボン玉の上に見える虹色の模様を写真撮影し、その中から特に綺麗な部位を抽出、再構成するという面白い技法が使われています。

 物凄いアイディアだと思います。自分では一生かかっても思いつきそうにありません。

geisai1900.jpg

 田中童夏氏の作品「Birthday land」

 赤ちゃんが生まれて来る前の世界をイメージして描かれた作品。

 ダンボールにペンで描かれた幻想的な絵柄が印象的でした。
 
geisai1885.jpg

 須貝美和氏の作品「すぐそばの彼方」

 色使いがとても温かく、ふわりと包み込まれるような夜を思わせる雰囲気の良い作品でした。

 この色合いを出すために、様々な色を下地に重ねて色彩を工夫しているとのことです。

geisai1873.jpg

 マノミホ氏の作品「Lucky fhilip」

 金属を加工して作られた巨大なシーラカンス。1.5メートルほどのサイズでしょうか。

 胴体についているレバーを回すとヒレが連動してキコキコ動きます。

 楽しくて楽しくて回しまくってしまいました。

geisai1879.jpg

 YASHIKO ITO氏の作品

 この絵、なんと黒い和紙をちぎって糊で貼り付けたちぎり絵なんです。

 私の奥さんも和紙を使ったアーティストですが、こんな風に紙を使うこともできるのか! と驚いた作品でした。

geisai1867_20120908212146.jpg

 関陽氏の作品

 立ち上る朝日と海と波の色合い、そして浜辺とのコントラストが美しく、部屋にこういう絵を飾ったらとてもいい気分になれるだろうなと感じた絵でした。

 黒い影で描かれた釣り人が静かな風景に動きを加えていますね。

geisai1858.jpg

 佐藤俊恵氏の作品

 このカラフルな球体は、全て糊で作られています。

 小学生のときに色付きの糊を固めて遊んだことが作品のルーツだとか。

 糊を使うアイディアも素晴らしいですが、色使いも綺麗だと思います。

geisai1851.jpg

 そして……こちらが奥さんが「紙世ハル」のアーティスト名で出展したブース、「フォークトイアレンジメント」です。

 フォークトイアレンジメント ホームページ

 紙を使った張り子の技術で作られた作品が並んでいます。

 もちろんベヴァルジェも一緒。

 奥さんの作品が大好評で、たくさんの人に注目されていました。


 今回のGEISAI♯ではとても嬉しいことが3つありました。

 一つは受賞こそ惜しくも逃したものの、奥さんの作品が審査員賞にノミネートされたことです。
 
 こちらがノミネート作品。「チャグチャグ大師」

cyaguy.jpg

 閉場前の授賞式では壇上に上がり、動画や記念の写真を撮影されていました。

 GEISAI♯17授賞式動画 

 ↑5分50秒ぐらいで、147番 紙世ハルと呼ばれているのが奥さんです。

geisai1848.jpg

 2つは……富野由悠季監督に握手していただいたことです。

 富野監督がいなければガンダムも、当然ガンプラも生まれなかったわけです。

 そうなれば私はプロモデラーになることもなく、今の奥さんとも結婚することも無かったでしょう。

 まさに私の人生に1番の影響を与え、そして今の私を作ってくれた恩人でもあるわけです。

 富野監督の手は大きくてとても柔らかく、「ガンダムを作った手は、こんなにも柔らかいものなんだ」と感激しました。


 そして3つはたくさんの人が作品を見てくださり、いろいろな人と話ができたことです。

 幾多のアーティストさんの作品を直接目にし、作った本人にその場で解説をしていただけるなんてもう最高です。

 GEISAI♯17でフォークトイアレンジメントのブースに来ていただいた皆様、

 そして作品をみせていただいたアーティストの皆様、

 本当にありがとうございました。


 関連記事

 GKD-08 ベヴァルジェ(1)製作途中写真
 GKD-08 ベヴァルジェ(2)完成写真
 
 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ


 


ワンダーフェスティバル2012年〈夏〉レポート

 こんにちは。林哲平です。

 7月29日に幕張メッセで開催された、ワンダーフェスティバル2012年〈夏〉に行って来ました。
 
 個人的に気になったものを撮影してきたので、いくつか紹介していきます。

なお、奥さんのブログ、はりこのはやしやでもワンダーフェスティバルのレポート記事を掲載しているので、そちらのほうもぜひご覧ください

 はりこのはやしや

RIMG1711_20120827093322.jpg

 若丸屋さんよりサイバスターポゼッション。

 鋭角的なサイバスターをさらに尖らせたデザインに若丸氏のアレンジが加わり、素晴らしい造形物へと昇華されました。私は今回のワンダーフェスティバルでは、ロボットものならばこのサイバスターがダントツで1番だと思います。
wf20121707.jpg

 とらの会さんよりグレートゼオライマー

 幻のゼオライマー最強形態。形を捉えるのが難しい森木靖泰氏のデザインを見事に立体化しています。

RIMG1695.jpg
 アーキタイプさんよりHAL X-10

 リボルテックサイズなので、いろいろと遊べそうな感じです。ずっと前から同じHAL X-10を作っていた友人がその完成度に息を飲んでいました。

RIMG1701.jpg
 道楽模型道さんより1:35ヴァリアント

 CADと立体成型機を駆使して制作されたヴァリアント。コクピット開閉ギミックまで完璧に再現されており、もうガレージキットというよりもプラモデル一歩手前といった感じです。素晴らしい出来栄えでした。

RIMG1665.jpg
 モグ工房さんより1:24ホイールドッグ

RIMG1662.jpg
 オセロットさんより1:24ハウリングベアー

 ブルーナイトの後半に登場するH級ATは設定身長が5メートル近いものも多く、このハウリングベアーもその一つ。迫力のサイズでした。

RIMG1667.jpg
 ぼと吉ガレージ Anna Redさんよりシャドウフレア小説版

wf20121722.jpg

 CRAZY CRAFTさんよりスコープドッグ
RIMG1721.jpg
 エルアゾウル
RIMG1720.jpg
 ARMORED COREⅤ 中量二脚機体

 恐ろしいことにこの三機、全てペーパークラフトなんです!!! 30㎝を超えるビッグサイズにペーパークラフトとは思えないほどの精密感。エルアゾウルとARMORED COREVはこれまで見た立体物の中でも一番の迫力でした。
 
 そして…これだけメカメカしいディーラーがなぜ18禁コーナーに配置されていたのかが最大の謎でした。

 最近のペーパークラフトって本当にすごいですよね。

RIMG1689.jpg
 AT8Mさんより超魔神龍神丸

RIMG1691.jpg
 真夏鬼丸

 驚くことに、この二つはソフトビニールで成型されたキットだということです。個人でソフビキットを作れる時代がやってくるとは……

 なお、真夏鬼丸は一色ごとに違う型を作る必要があったそうで、超魔神龍神丸の5倍以上コストがかかっているとのことでした。

RIMG1679.jpg
 GG’Rさんよりリッガー

 全長50㎝を超えるビッグサイズと電飾されて輝く目玉、着ぐるみのシワまで再現した造形によりとても目を引く作品でした。怪獣は大きいのが1番ですね。


RIMG1698.jpg

 がばごぼげべさんよりチェルノボグ

 デビルサマナー・ソウルハッカーズでリニューアルされて以来、すっかりキノコなイメージになったチェルノボグを見事に立体化されています。チャームポイントのキノコもしっかり再現。話を聞くとこのキノコの柄をレジンで成型するのが一番大変だったそうです。

RIMG1670.jpg
 グガツ工芸さんより1:50 6m内火艇
RIMG1672.jpg
 1:50沈没船キット

 ビッグスケールでカッターや内火艇などを制作されていました。細かなとこをまでもしっかり作りこまれ、普段は艦船模型のオマケ的なカッターや内火艇ってこんなに格好良かったのか! と勉強になりました。


 ワンダーフェスティバルに行くと「日本にはこんなにたくさんの造形物を作る人達がいるんだ!自分もがんばらなきゃ!!! 」と創作意欲がモリモリ湧いて来ます。
 
 私は長らく売る側では参加していませんが、いつかまた1:24のATとか作って再戦したいですね。
 



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ



 

第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(4)林哲平編

 こんにちは。林哲平です。「第一回ポストホビー厚木店合同模型展示会」レポートラストは私、林哲平コーナーの紹介です。
 自分用のコーナーを設けていただけるなんて夢のようで、モデラー冥利に尽きます。機会を与えてくれたポストホビーとホビージャパンの皆様、本当にありがとうございます。
RIMG1182.jpg
『MSN-06-2 リヒト・ナイチンゲール』
 「月刊ホビージャパン2011年9月号」掲載作例。現在絶賛発売中の「ガンダムウェポンズガンプラLOVE編」の表紙モデルでもあります。製作当時新婚ホヤホヤで、結婚記念に自分の模型人生集大成的な作品を作ろうと考えて製作した作例です。自分の現在の課題はこれを超えるものを作ること。自分の作例を見てくださる読者さんの期待に添えるようなものを常に作りたいです。
RIMG1183.jpg
『gvm-mocゼルトール』
 「ガンダムウェポンズ機動戦士ガンダムAGE編」掲載作例。ガフランからゼイドラまでのヴェイガン系MSをミキシングビルドして製作した作例です。ヴェイガン系MSは石垣純哉氏デザインなので、氏の描いた他のロボットのラインなども参考にしつつ、わかりやすい格好よさを目指して造形しました。
RIMG1184.jpg
『GNX-Y903THマサカド』
 「月刊ホビージャパン2011年2月号」掲載作例。「ガンダムウェポンズ00編Ⅳ MGダブルオークアンタ&MGダブルオーライザー/機動戦士ガンダム00V戦記」にも再録されています。「月刊ホビージャパン2011年2月号」は通巻500号記念号特別付録として「GNソードⅣフルセイバー改造キット」が同梱されており、この作例はそれを使って製作した作例です。「マサカド」という名前をつけるにあたり、東京の大手町にある将門の首塚までお参りに行ったり、作ってる最中に奥さんにプロポーズしたりと思い出深い作例です。
RIMG1187.jpg
『リゼレクスガンダム』
「月刊ホビージャパン2011年3月号」掲載作例。MGリゼルとMGゼータプラスのニコイチ作例です。ちなみにリゼレクスガンダムとは「Re-Zel-Ex-Gundam」の略。スプリッター迷彩を施し、航空機的なイメージで仕上げました。
RIMG1185.jpg
『許林トールギス』
 「月刊ホビージャパン2011年5月号」掲載作例。許チョガンダムと玄武装呂布トールギスのニコイチ作例です。誰でも気軽に真似できる作例を目標に難しい工作を廃し、部品のベタ付けだけで作れるように工夫してあります。
RIMG1186.jpg
『アーマードタイフーン "タイガーミートスペシャル"』
 「月刊ホビージャパン2010年1月号」掲載作例。
 タイフーンならタイガーミート! アーマードバルキリーがあるんだからアーマード戦術機があってもいいよね!! 同じ飛行機モチーフロボだし♪ というコンセプトで製作された作例です。ボークスのレジンキットのタイフーンにナインボールセラフやカノントータスのパーツなどを合体させて製作しています。タイガーミートパターンは全てMr.カラーGXのウィノーブラックを筆塗りして再現しました。
RIMG1180.jpg
『KDM-03オーヴォル』
 『ケルバーダイン』よりオーヴォルです。いろいろな人から「これどんな部品で作っているの?」と訪ねられました。「歯ブラシだ!」「ライターだ!」「アイスのカップだ!」などなど部品を当てて楽しんでくれている人もいたので嬉しかったです。

 「第一回 ポストホビー厚木店 合同模型展示会」は大盛況のすえ無事終了しました。主催者、参加者、そしてお客さん全員が心の底から楽しめた、素晴らしい展示会でした。次回が今から楽しみです。
 これにてレポートの締めとさせていただいます。会場に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

 関連記事

 第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(1)ホビージャパン作例編
 第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(2)一般参加者編
 第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(3)E.O.S OBの会編

 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや



模型・プラモデル ブログランキングへ


 
 

第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(2)E.O.S OBの会編

RIMG1235.jpg
 こんにちは。林哲平です。「第一回 ポストホビー厚木店合同展示会」レポート第三弾は我らが『E.O.S OBの会』の面々が製作した力作たちを紹介していきます。
 『E.O.S OBの会』とは帝京大学の模型サークル『E.O.S』のOBで編成された模型軍団。私も大学生時代はE.O.Sに所属し、地獄合宿や暗黒模型3番勝負などで模型技術を磨いた日々も今では懐かしい思い出です。私が今こうして模型に関わる仕事に就けたのも、E.O.Sで巡りあった友人たちあってのものです。社会人になった今でもその模型熱は冷めることを知らず、驚きの作品が小さな机にぎっしり詰まっていました。
 今回のE.O.S作品テーマは「エンドレスワルツ」。主役ガンダム5機を揃えることが目的だったのですが、情熱のあまり力が有り余ったようで、6番目やらリーオーやらTV版主役が混ざっています。
RIMG1248.jpg
 大場圭一氏作『ウイングガンダムEW』
 MGウイングガンダムEW版にMGシェンロンガンダムのXXXGフレームを組み込み、最新のウイングMGシリーズと並ぶプロポーションへと改造した力作です。だれもが思い浮かべる改造ですが、実行しようとすると相当な工作力を要求されます。スプリッター迷彩とGFFを意識した鮮やかな色調の塗装も綺麗です。大場氏は今回の「合同模型展示会」の実質的な主催者で、大場氏の呼びかけがなければこれほど大きな展示会を成功させることは難しかったかもしれません。
RIMG1238.jpg
 岸川大輔氏作『ガンダムデスサイズEW』
 TV版を意識したカラーリングの作品。EW版のデスサイズは何故か頭が白いので、こちらの塗装のほうがしっくりきますね。
RIMG1240.jpg
 Judith氏作『ガンダムヘビーアームズEW』
RIMG1244.jpg
 Judith氏作『ガンダムサンドロックEW』
 Judith氏はなんと2機のガンダムを製作。MGの中でもXXXGフレーム内蔵のウイングシリーズは作りやすいキットとはいえ、2つ作るのは大変です。本人的には時間が無く、あまり手を入れられなかったのが残念とのこと。
RIMG1246.jpg
 ひろゆき氏作『シェンロンガンダムEW』
 ひろゆき氏によると塗装がのっぺりしてしまったのが反省点とのこと。トリコロールカラーがしっかり発色しているからいいと思うんですけどね~
RIMG1236.jpg
 大場圭一氏作『ガンダムエピオン』
 『新機動戦記ガンダムW』放映当時ニュータイプ誌に掲載された石垣純哉誌のイラストのカラーリングが施されたMGのガンダムエピオンです。ガンダムエピオンの塗装バリエーションでこのカラーリングを選択するのはガンダム通の大場氏ならでは。トールギスⅢの代わりにエンドレスワルツに登場しても違和感無さそうですね。
RIMG1242.jpg
 大場圭一氏作『リーオー』
 Bクラブのレジンキットを製作したもの。固定ポースですが、部品数もすくなく作りやすいキットでガレージキット入門には最適とのことです。MGで欲しいですね~
RIMG1251.jpg
 岸川大輔氏作『ウイングガンダム』
 TV版ウイングガンダムです。当時の作画を意識した光沢仕上げのMAX塗りに加え、MGダブルオークアンタ用デカールで全身にマーキングが施された作品。
RIMG1231.jpg
 アオシマ氏作『リゼル』
 ゼータプラスカラーで塗装されたリゼル。シックな航空機的カラーリングがマッチしていてとても格好良いです。
  
 そして何故かここからは怒涛のボークスコーナー。何故かみんなボークスのキットを作りまくっていました。
RIMG1223.jpg
 大場圭一氏作『ネプチューン』
 モーターヘッドらしい綺麗な光沢が美しい作品。
RIMG1225.jpg
 岸川大輔氏作『バッシュ』
 マジョーラカラーで塗装されているので、見る角度によりさまざまな表情を見せる作品です。なんでも友人に頼まれて製作したものだとか。私だったらこのキットを作ってくれと頼まれても絶対首を縦には振りません。
RIMG1228.jpg
 岸川大輔氏作『超銀河グレンラガン』
 どでかいレジンキットです。背中の炎もクリアーレジンを活かして塗装されています。岸川氏は昔から目を引く作品を作る達人でしたが、まさか超銀河グレンラガンで来るとは……
RIMG1229.jpg
 Judith氏作『薔薇水晶』
 クリアーレジンの透明感を活かした美しい塗装がポイントの作品。Judith氏はこの完成品フィギア全盛期の今、ガレージキットのフィギアを作り続ける数少ないモデラーです。


 友人たちの作品たちを見ていると、「自分も負けずに頑張って作らねば!」とメラメラ創作意欲が湧いてきますね。模型技術上達への近道はいい模型仲間を作ること。これに尽きます。

 次のレポートが最後です。

 第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(1)ホビージャパン作例編
 第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(3)一般参加者編
 第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(4)林哲平編
 

 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや

 


模型・プラモデル ブログランキングへ

プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。