スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからは洋モノの時代だ!!! ミレニアム・ファルコンの表紙に注目!!! フォースの覚醒なホビージャパン2016年2月号発売!!!




 こんにちは。
 
 息子とおいかけっこをしていたら小指が柱に激突!!! 一月たっても痛みが引かないのでそろそろ本気で病院にいくかどうか迷っている林哲平です。

 ホビージャパン2016年2月号発売しました!!!

 今月はなんといってもスターウォーズ特集!!!

 1970年台後半のホビージャパンを彷彿とさせる懐かしい表紙に大注目です!!!

 で、今月私が製作した作例は2つ。

 どれもHOWTO記事で、1/72Xウイングと1/100グレイズを製作しています。


 


 どちらのHOWTOも成型色を活かしつつ、本格的なウェザリングテクニックを誰でも簡単に活用できるように解説した内容。

 お正月の休暇中、気軽にプラモデル製作を楽しむ参考にしていただければと思います。
 
 どちらのキットも合わせ目がほとんど無く、簡単フィニッシュでも十二分な完成度となる良キット。

 グレイズなんかは実質的に構造がマスターグレードなので、キット内容から考えるとびっくりするくらい安い価格なので初心者、熟練者共にオススメです。

 今月もホビージャパンをよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

究極のGレコ本!!! フルスクラッチ満載!!! ガンポン史上最大ボリュームで送る「ガンダムウェポンズGのレコンギスタ編」発売!!!



 こんにちは。

 「何を作ってもラスボスになる病」の林哲平です。

 「ガンダムウェポンズGのレコンギスタ編」発売しました!!!

 正直、この本はおかしい本です。

 ページ数はガンダムウェポンズ史上最大の244ページ。

 半数の作例がフルスクラッチばっかり。

 登場機体のほとんどを立体化。

 それで価格は3500円。

 一見すると高額に感じるかもしれませんが、昔のガンダムウェポンズが132ページで1600円だったので実質2冊分なんですよね。

 最近の模型ムックでここまで内容の濃いものはなかなかありません。

 この本でしか立体物を見られないMSが非常に多いので、ガンダムファンならば資料として必ず抑えておきたい一冊です。

 この本で私が製作したのはダハックとGルシファーを合体して製作した「アジ・ダハック」。

 



 外宇宙探索用MSという設定で、ダハックのネーミング元となったペルシア神話に登場する三つ首竜「アジ・ダハーカ」にちなみ、三つ目、3つのファンネル、3つの太陽炉ととことん3つにちなんだ作例となっています。

 「ガンダムウェポンズGのレコンギスタ編」をよろしくお願いします。

オルフェンズ楽しみだな~♪ しかしビルドファイターズトライもまだまだ終わらない!!! ホビージャパン2015年11月号発売!!!




 こんにちは。

 シルバーウィークボケがまだまだ抜けない林哲平です。

 ホビージャパン2015年11月号発売しました!!!

 巻頭特集は「ガンガムビルドファイターズ 僕達のガンプラ」。

 新発売のカミキバーニングガンダムのレビューをはじめ、ホビージャパンモデラー陣のオリジナルガンプラが炸裂する一冊となっています。

 今回は私も特集内でオリジナルガンプラの作例を久々に製作しておりまして。

 その名も「トランジェントガンダムアヴァターラ」!!!

 って名前だけじゃどんな作例か全くわからないですよね。

 トランジェントガンダムアヴァターラはチームソレスタルスフィアの3体のガンダムが合体して一体の巨大なガンダムになるというもの。




 『ダンボール戦機』のΣオービスをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。

 「チームトライファイターズが合体したんだから、ソレスタルスフィアのガンダムが全部合体したら面白いんじゃない?というわけで合体して」

 とビルドファイターズ担当編集氏に製作を依頼されたはいいんですが、ギミックや組み合わせの調整に時間がかかり、製作するのに3ヶ月もかかってしまいました。

 オリジナル系の作例製作をするとき、アイディアを練る時間というのが非常に重要になってきます。

 パーツをつけたり外したり、悩んだときは組み合わせを考えるのに一晩かかり、結局その構成をボツにすることもすくなくありません。

 かといって適当にパーツを組み付けると、笑えるほど格好悪くなってしまいますし。

 同系統のMSを組み合わせるのは簡単ですが、チームソレスタルスフィアはジエンドという異物が混じっていたので、ジエンドの処遇を考えるだけで最初は途方にくれたものです。

 ただ、その苦労のかいあって久しぶりに自信作となったので、ぜひいろんな人に見てもらいたいですね。

 今月もホビージャパンをよろしくお願いします。





 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ



模型・プラモデル ブログランキングへ






売り切れ必至!!! 超限定プラモデル「HGCEフリーダムガンダムフレイムフェーダーカスタムキット」をゲットせよ!!! 特別付録付きのホビージャパン2015年10月号発売!!!



 こんにちは。

 現在作例塗装の真っ只中の林哲平です。

 ホビージャパン2015年10月号発売しました~♪

 今月は特別付録「HGCEフリーダムガンダムフレイムフェーダーカスタムキット」が最大の注目ポイントでしょう。


 新規造形の頭部、胸、肩パーツにトンファーが付属。

 前回の付録「ウイングガンダムゼロフレイムフェーダー」は一瞬で売り切れてしまい、買えなくて涙を飲んだ人も多かったので、ガンプラファンなら忘れずにチェックしておきましょう。

 個人的に今月号の作例でイチオシなのはDAISAN氏の製作した「紅武者アメイジング」。


 本体の丁寧な工作に加え、紅武者には欠かせない2台サポートメカ「武者覇麗」「武者ホース駄尾怒尊」まで製作!!!

 DAISAN氏も製作記事中で語られていますが、われわれのような「ガンダム野郎」を読んで育ったSDガンダム世代にとって、紅武者って特別な機体なんですよね。

 DAISAN氏の作例はまさにその理想を体現したもの。

 SD好きなら見ないと一生後悔するかもしれませんよ。


 私が今月製作した作例は「量産型プチッガイ」。


 今年の夏から主にバンダイのイベントで販売される限定キットで、量産型ザクをモチーフとしたカラーリングのプチッガイです。

 プチッガイは合わせ目も少なく、鼻以外はマスキング無しで塗装できるので、初めてガンプラの全塗装完成品にチャレンジする人にもっともオススメのアイテムですね。

 プラモデル初心者が最も陥りやすいミスに、「自分の実力以上のキットにチャレンジし、途中で燃え尽きて完成させることができない」っていうのがあります。

 プチッガイならそんな失敗をすることはまず無いでしょう。

 今月もホビージャパンをよろしくお願いします。



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ



模型・プラモデル ブログランキングへ

表紙は百式だけど、注目は超ド級徹底改修ネオジオング!!! ホビージャパン2015年7月号発売!!!





 こんにちは。
 
 ぎっくり腰の後遺症で長時間座るのが辛い林哲平です。

 ホビージャパン2015年7月号発売しました~♪

 今月号は表紙こそニューキットの百式ですが、yubaba氏のフルスクラッチジーラッハ、鈴木政貴氏のモビルアーマー形態、超巨大武者形態に変形する超機動殺駆頭将軍と巨大作例目白押しでページをめくるたびに目玉が飛び出るような大型作例ばかり。

 その中でもアクシズ店長氏が製作された1/144ネオジオングは最注目作例でしょう。


 ネオジオングを組み立てたことがある人(あまりいないか)ならわかると思いますが、あのキットはその巨大なボディをささえるため頑丈さと組み立てやすさを優先した構成。

 普通にパチパチ組み立てて飾っておくぶんにはいいのですが、全塗装、ましてや劇中のギミックをフル再現してディテールアップして仕上げるとなると大変どころの話ではありません。

 それをたった一人で成し遂げたアクシズ店長氏には本当に頭の下がる思いです。シャンブロも凄かったですが、このネオジオングはそれを完全に超えています。

 模型好きなら見ないのはかなり損だと思いますよ。

 個人的に今月ツボだったのは一ノ戸晃治氏製作のフォードF100ピックアップトラック。

 


 30年以上前のAMTのキットで、形にするだけでも大変なシロモノ。

 これをあっさりと現代の最新キットのようにさらりと仕上げる一ノ戸氏の技術には感嘆するほかありません。

 自分も今ちょうどピックアップトラックのアメプラを作っているので、モチベーションがあがりまくりです。

 で。

 今月私の製作した作例は2体。

 一体目は「ガンダムドライオンドライ」

 プレミアムバンダイ限定キットで、HGトライオン3に新規造形のブレードアンテナを加え、成型色を黒に変更したもの。

 これは超合金ロボのブラックバージョンだろう、ということでテカテカのグロスブラックで仕上げています。

 製作記事では複雑極まりないブレードアンテナの塗り分けを簡単かつキレイに仕上げる方法やサフレス光沢塗装のススメ、剣を両手で構えられるようにするための肩関節の追加工作などを紹介しています。

 2体目はMGハイパー・メガ・ランチャー

 目立つ肉抜き穴を埋めるポイントと、各部のバーニアの自作などポイントを絞り、初心者でもカッコイイメガ・バズーカ・ランチャーを仕上げられるよう解説しています。

 今月私は作例2体でぐったりしていましたが、他のモデラーさんのスクラッチ作例や巨大作例なんかを見ていると、自分の修行の足りなさを実感しますね。

 今月はかなり見応えありますので、ホビージャパン2015年7月号をよろしくお願いします!!!


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ




プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。