スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーフェスティバル2012年〈夏〉レポート

 こんにちは。林哲平です。

 7月29日に幕張メッセで開催された、ワンダーフェスティバル2012年〈夏〉に行って来ました。
 
 個人的に気になったものを撮影してきたので、いくつか紹介していきます。

なお、奥さんのブログ、はりこのはやしやでもワンダーフェスティバルのレポート記事を掲載しているので、そちらのほうもぜひご覧ください

 はりこのはやしや

RIMG1711_20120827093322.jpg

 若丸屋さんよりサイバスターポゼッション。

 鋭角的なサイバスターをさらに尖らせたデザインに若丸氏のアレンジが加わり、素晴らしい造形物へと昇華されました。私は今回のワンダーフェスティバルでは、ロボットものならばこのサイバスターがダントツで1番だと思います。
wf20121707.jpg

 とらの会さんよりグレートゼオライマー

 幻のゼオライマー最強形態。形を捉えるのが難しい森木靖泰氏のデザインを見事に立体化しています。

RIMG1695.jpg
 アーキタイプさんよりHAL X-10

 リボルテックサイズなので、いろいろと遊べそうな感じです。ずっと前から同じHAL X-10を作っていた友人がその完成度に息を飲んでいました。

RIMG1701.jpg
 道楽模型道さんより1:35ヴァリアント

 CADと立体成型機を駆使して制作されたヴァリアント。コクピット開閉ギミックまで完璧に再現されており、もうガレージキットというよりもプラモデル一歩手前といった感じです。素晴らしい出来栄えでした。

RIMG1665.jpg
 モグ工房さんより1:24ホイールドッグ

RIMG1662.jpg
 オセロットさんより1:24ハウリングベアー

 ブルーナイトの後半に登場するH級ATは設定身長が5メートル近いものも多く、このハウリングベアーもその一つ。迫力のサイズでした。

RIMG1667.jpg
 ぼと吉ガレージ Anna Redさんよりシャドウフレア小説版

wf20121722.jpg

 CRAZY CRAFTさんよりスコープドッグ
RIMG1721.jpg
 エルアゾウル
RIMG1720.jpg
 ARMORED COREⅤ 中量二脚機体

 恐ろしいことにこの三機、全てペーパークラフトなんです!!! 30㎝を超えるビッグサイズにペーパークラフトとは思えないほどの精密感。エルアゾウルとARMORED COREVはこれまで見た立体物の中でも一番の迫力でした。
 
 そして…これだけメカメカしいディーラーがなぜ18禁コーナーに配置されていたのかが最大の謎でした。

 最近のペーパークラフトって本当にすごいですよね。

RIMG1689.jpg
 AT8Mさんより超魔神龍神丸

RIMG1691.jpg
 真夏鬼丸

 驚くことに、この二つはソフトビニールで成型されたキットだということです。個人でソフビキットを作れる時代がやってくるとは……

 なお、真夏鬼丸は一色ごとに違う型を作る必要があったそうで、超魔神龍神丸の5倍以上コストがかかっているとのことでした。

RIMG1679.jpg
 GG’Rさんよりリッガー

 全長50㎝を超えるビッグサイズと電飾されて輝く目玉、着ぐるみのシワまで再現した造形によりとても目を引く作品でした。怪獣は大きいのが1番ですね。


RIMG1698.jpg

 がばごぼげべさんよりチェルノボグ

 デビルサマナー・ソウルハッカーズでリニューアルされて以来、すっかりキノコなイメージになったチェルノボグを見事に立体化されています。チャームポイントのキノコもしっかり再現。話を聞くとこのキノコの柄をレジンで成型するのが一番大変だったそうです。

RIMG1670.jpg
 グガツ工芸さんより1:50 6m内火艇
RIMG1672.jpg
 1:50沈没船キット

 ビッグスケールでカッターや内火艇などを制作されていました。細かなとこをまでもしっかり作りこまれ、普段は艦船模型のオマケ的なカッターや内火艇ってこんなに格好良かったのか! と勉強になりました。


 ワンダーフェスティバルに行くと「日本にはこんなにたくさんの造形物を作る人達がいるんだ!自分もがんばらなきゃ!!! 」と創作意欲がモリモリ湧いて来ます。
 
 私は長らく売る側では参加していませんが、いつかまた1:24のATとか作って再戦したいですね。
 



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ



 
スポンサーサイト

日経MJ(日経流通新聞)2012年7月25日(水曜日)号に「GKD-06バリゴ」が掲載されました!

IMG_0002.jpg


 こんにちは。林哲平です。

 7月25日に発行された日経MJ「GKD-06バリゴ」が掲載されました。

 『ブームの裏側 これぞ「紙」ワザ おりなす造形美』という特集記事の中で、私のコメントと共に掲載されています。

 内容はここ数年でクオリティが格段にアップし、商品が増え静かなブームを呼んでいるペーパークラフトについて書かれた記事で、ペーパークラフトの阿修羅像や、手軽に組み立てることのできるペーパーロボ『ペーボット』などが紹介されていました。

 バリゴは張り子の技術を使った、変化球的なペーパークラフトというところが評価され、今回掲載されるに至りました。

 ケルバーダインが印刷物に掲載されるのはこれが初めて。とても嬉しいですね。

 これからも身の回りにあるありとあらゆる素材を使い、新たなケルバーダインをガンガン制作していこうと思います。


 日経MJ ホームページ


 関連記事 

 GKD-06 バリゴ


 
私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ



 

ホビージャパン2012年9月号発売!!!

 


 
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2012年 09月号 [雑誌]Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/07/25)
不明

商品詳細を見る
 こんにちは。林哲平です。

 月刊ホビージャパン2012年9月号">月刊ホビージャパン2012年9月号
が発売されました。

 今月号には私の制作した作例が掲載されています。現在アニメが絶賛放送中の『トータル・イクリプス』(音が出るホームページなので閲覧するときは注意してください)より

 「不知火・弐型デモンストレーターカラー アニメ設定イメージVer.」を制作しました。

 コトブキヤの不知火・弐型のキットをアニメCGに合わせてプロポーション、各部の形状とも隅々まで手を入れています。個人的にも力作として完成させたと思っています。

 今月もホビージャパンをよろしくお願いします。

 
 株式会社ホビージャパン ホームページ


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ



 

PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)【1】レヴュー編

RIMG1508.jpg
 こんにちは。林哲平です。

 今回はREAPER MINIATURES(リーパーミニチュア)のメタルフィギュア、60028 PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)を紹介します。

 ドラゴネットを完成させてから、次は大型のドラゴンのミニチュアを作ろう! といろいろなミニチュアを物色していたのですが……

 海外のミニチュアSNS、COOLMINIORNOTで偶然見つけたこのレッドドラゴンに一目惚れ!!!

 さっそく購入したのですが、日本国内に在庫が無く、海外からの取り寄せとなったので注文から一ヶ月以上待つことになってしまいました。

 でも、大昔のガレージキット通販もそんな感じだったのでちょっと懐かしい感じも。待ちに待ったぶん、到着したときの感動はひとしおです。今が便利すぎるんですよね。

RIMG1509.jpg

 このミニチュアは、アメリカのテーブルトークRPG、パスファインダーのコアルールブック表紙イラストのドラゴンを立体化したものです。

 原型はグレナディア時代から活躍しているメタルフィギュア界の重鎮、Julie Guthrie(ジュリー ガスリー)氏が担当。

 グレナディア時代には「Julie Guthrie's Dragons」シリーズのように自らの名を課したドラゴンのメタルフィギュアシリーズを担当していただけあり、このレッドドラゴンも骨太で迫力のある造形となっています。

 もっとも、ジュリー ガスリー氏が最も得意としているのは動きのある、くっきりとした表情の人物造形なので、レッドドラゴンが完成した暁にはいくつか集めてみたいと思います。

RIMG1510.jpg

 キットは6パーツで構成されたシンプルな内容。大型のメタルフィギュアなので、一つ一つのパーツがドラゴネットなみの重量感です。

RIMG1512.jpg
RIMG1514.jpg

 大きな翼。迫力のあるシルエットを構成する重要なパーツです。メタルなので相当しっかりと補強軸を仕込んで接着しないと完成後に折れちゃいそうですね。

RIMG1511.jpg

 頭部。ゴツゴツした鱗と太いツノが魅力です。

RIMG1515.jpg

 胴体。一つ一つ丁寧に造形された立体感のある鱗がグッド! しかしこのディテールを損なわずにパーティングラインを消すのはかな~り大変そうな予感が。

RIMG1516.jpg

 右腕。小さいパーツですが、鱗の下の筋肉の流れを感じさせる力強い造形です。

RIMG1513.jpg
RIMG1517.jpg

 台座と一体になった下半身。

 台座の裏側にはJ Guthrieの刻印があります。


 最近多忙気味なので、開いた時間で少しづつ制作して行こうと思います。

 イラスト通りのレッドドラゴンにするか、それとも他の色のドラゴンにするか……楽しい悩みを満喫できるのは模型制作の醍醐味ですね。



 このレッドドラゴンを教材にした初心者向けメタルフィギュア製作法を連載中です。

 「メタルフィギュアやミニチュアに興味があるけれどもどうしたらいいかわからない!」

 という人もそうでない人もぜひ見てください。

 ⇒メタルフィギュア製作法へGO!!!


 関連記事

PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)【2】完成写真単体編

PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)【3】完成写真ヴィネット編

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【1】〈メタルパーツの整形と加工

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【2】〈メタルパーツの接着と組み立て〉

 初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【3】〈メタルフィギアの下地塗装〉

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【4】〈塗料・筆の選び方と簡単レイヤリング法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【5】塗装で凹凸を表現!!! 筆塗りグラデーション法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【6】筆のタッチでウロコを再現!!! ペイントディテーリング法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【7】モンスターミニチュアの鬼門!!! ツノ、キバ、口、瞳のペイント法とつや消しコート

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【8】ちょいグロ!!! 簡単にモンスターのヨダレを再現する方法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【9】簡単ベースデコレート工作編

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【10】簡単ベースデコレートペイント編

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【EX】レッドドラゴンペイントダイジェスト編

 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ
プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。