スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビージャパン2013年7月号発売!!!

 
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2013年 07月号 [雑誌]Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/05/25)
不明

商品詳細を見る



 こんにちは。風疹の予防接種をして以来体がちょっとホワホワな林哲平です。

 ホビージャパン2013年7月号発売しました♪

 巻頭特集は最新キット「MG 1/100 GAT-X105A エールストライクガンダム Ver.RM」のレヴュー作例とMGストライクフリーダムガンダムを大改造した田仲正樹氏入魂の作例「MGフリーダムガンダムVer.RM」を中心としたガンダムSEED特集です。

 さらに! 先月より連載が始まった『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』よりガンダムアストレイレッドフレームの新装備「カレトブルッフ」が8/25発売のホビージャパン10月号にて付録プラモデルとして発売されることが発表されました! どんなMSに持たせるか、今から悩みますね。

 そして「MV-オスプレイ」「重戦車タイガーⅠ~若き虎使いに送る集中講座」と今月はスケールモデル特集が二本立て。私はタイガーⅠ特集にて2つの作例を製作しています。

 一つは表紙に掲載されている「タミヤのタイガーⅠ初期生産型」。

 特集のメイン作例として、初めて戦車を作る人に向けたHOWTOの教材用に製作した作例です。

 AFVモデル入門者がつまづきやすい「スケールモデル式パーツ整形法」「足回りの組み立て方」「パーツのすり合わせ方」「砲身の整形」「ジャーマングレーの塗装法」「転輪ゴムを楽に塗り分ける方法」などなど基本的すぎてなかなか人には聞けないポイントまで徹底解説!

 「ガールズアンドパンツァー」を見て戦車模型に興味はあるけども、作り方がよくわからない! という人に一番オススメの記事ですね。

 二つは「ズベズダのタイガーⅠ初期生産型」

 こちらはキットの内容を活かしつつ、ディテールアップを全体的に施した作例です。

 ダークイエローとレッドブラウンの2色迷彩が鮮やかな「第505重戦車大隊所属114号車」として製作。

 114号車として製作するときに必須となる加工ポイントや、ズベズダタイガー最大の難点である説明書どおりに組み立てると車体から外せなくなる砲塔の後ハメ法などを詳しく解説しています。

 ズベズダのタイガーⅠを製作している人はぜひ参考にしてください。

 今月もホビージャパンをよろしくお願いします。


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg


 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

 こちらは奥さんが「紙世ハル」のペンネームで活動している現代アートを扱ったホームページです。

 フォークトイアレンジメント



模型・プラモデル ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

KDT-10ドルトガ(2)完成写真

kd10 (23)
kdt10 (3)
kdt10 (27)
kdt10 (4)

 こんにちは♪ 最近『オーダー&カオス デュエル』にはまり時間を削られまくっている林哲平です。

 面白いんですが、ストーリーモードの敵が「そのモンスターが場にいる限りプレイヤーへのダメージ無効」「通常攻撃では死なず体力を7残して無限に復活」みたいなそれなんてずっと俺のターンて感じのチートカードを枚数制限無しで出してくるのがマゾくていい感じです。
 
 それはともかく「KDT-10ドルトガ」完成しました~♪

 記念すべき10体目のケルバーダイン

 飽きっぽい自分がここまでブログを続けることが出来たのも、いつもブログに来てくださる皆様のおかげです。

 
kdt10 (15)
kdt10 (16)
kdt10 (17)
kdt10 (18)

■四面図

 重量感のあるデザインなので、最初は第二次大戦最後期のドイツ戦車風にしようかな~と思っていました。

 ですが、下塗りで全体に黒を吹いた時点で「このままが一番カッコイイ!!!」と方針を変換。

 同じギガンティアのケルバーダインであるバテスと同様「伝統的悪者黒赤カラー」でフィニッシュしました。

■設定

 「KDT-10ドルトガ」は重装甲と高火力が特徴であるトータスタイプのケルバーダイン。

 他のケルバーダインの射程外からの距離砲撃が可能で、ガイストダインによる侵攻の迎撃用として使用されています。

 ドルトガはギガンティア製のケルバーダインだけあり、強力な素材がふんだんに使用された高級機としてギガンティアの各拠点に配備されています。 

kdt10 (5)
kdt10 (6)

■頭部

 バテスと同様のレイアウトである頭部。

 ギガンティアのケルバーダイン最大の特徴である丸いセンサーがチャームポイントです。

 長距離射撃に欠かせない高精度センサーである「KTMセンサー(カセット・テープの・巻取り・センサー)」と「KOGセンサー(壊れた・おもちゃの・ガン・センサー)」を搭載。

 胴体正面に装備された「KDCキャノン(空の・デザインナイフ替刃・ケース・キャノン)」は接敵されたときの中距離攻撃用兵装としてその威力を発揮。

 胴体後部には機界神のウイルスプログラムを浄化するための「SAMレギュレーター(錆びた・エアブラシの・水抜き・レギュレーター)」が配置され、ガイストダインの激しい攻撃にさらされる拠点でのパイロット生存率がUPします。
 
kdt10 (24)

■背面

 「BPFスラスター(便利な・ペットボトルの・フタ・スラスター)」が2基装備されています。

 しかし。この程度のスラスターでは重量のあるドルトガの機動力をわずかに補うことしかできません。

 本来ならば強力な「GHBバーニア(ガード・ハローは・ぼくらの味方・バーニア)」を使用すべきなのですが、資材が豊富なギガンティアといえども用意できないことがあるようです。

 背面左に装備された「HTKニードル(ホテル・使い捨て・クシ・ニードル)」はグロッドの頭部に装備された「KDKスパイク」と同様の装備。

 対ガイストダイン用のワクチンプログラムがインストールされており、ミサイルのように発射されます。
 
kdt10 (23)

■脚部
 プロージェと同様に「ICCユニット(インク・カートリッジ・ケース・ユニット)」と「BSBユニット(便利な・洗濯・バサミ・ユニット)」で構成された脚部。

 しかしプロージェとは違い、跳躍ではなく過大な重量を支えるために全てのパワーを使っています。

 乏しい機動力を補うために「BPFホイール(便利な・ペットボトルの・フタ・ホイール)」が2基装備され、移動にはもっぱらローラーダッシュに頼りがち。

 フロッグタイプやドッグタイプのような機動戦には向きません。

kdt10 (1)
kdt10 (19)
kdt10 (20)

■右腕

 ドルトガ最大の武器である右腕の「HTZキャノン(半年・溜めた・材料使いきった・キャノン)」。

 「KDGアーマー(壊れた・ドライヤーの・外装・アーマー)」を基本に「KDCキャノン」×2、「KOGユニット」、「WDFスラスター(和風・ドレッシングの・フタ・スラスター)」「KHFユニット(壊れた・ハンガーの・フック・ユニット)」などなどを盛り込んで構成されています。

 最大で30メートル(ケルバーダインのサイズは1/1)先のバリゴタイプを一撃で仕留められるほど強力な武器ですが、発射のたびに高熱を発するので、新品でもない限り放熱板である「CCSスタビライザー(クリアー・ケースの・仕切り・スタビライザー)」が焼けた状態となっています。

kdt10 (21)
kdt10 (22)

■左腕

 左腕は右腕と打って変わってシンプルな形状。

 このドルトガはケルバーダインとしては珍しく右腕に固定武装が無く、「ICCクロー(インク・カートリッジ・キャップ・クロー)」を組み合わせた作業自由度の高いマニピュレーターが装備されています。

kdt10 (28)
kdt10 (25)

■塗装

 全身にガイアマルチプライマーを吹いたあと、ピュアブラックで全身を真っ黒に。

 スターブライトジェラルミンをキャノンや頭部センサーにフリーハンドで吹いたら、簡単にマスキングして肩を昔大量に作ったリヒトナイチンゲールレッドで塗り分けました。

 全体をタミヤスミ入れ塗料のダークブラウンでウォッシングしたら、乾燥させて要所要所にガンダムマーカーのガンダムシルバーでドライブラシして完成!!!

 ドルトガはケルバーダインの中でも特に巨体(右腕のHTZキャノンだけで30㎝以上あります)なので、消さずに残した光沢が立体感を強調してくれていい感じです♪

 それにしてもガイアマルチプライマーはイイですね。

 金属やポリプロピレン、プラスチック、はたまた木や石まで使うケルバーダインにとってプライマーは必須なのですが、これまで使ったどのプライマーよりも塗料の食いつきが良くなりました。

 手放せないアイテムとなりそうです。

kdt10 (30)

 半年ぶりの製作となりましたが、記念すべき10体目のケルバーダインとして、ふさわしい作品として仕上がったと思います。

 初めて作ったケルバーダインであるバテスと比べると、パーツの組み合わせパターンが豊富になったな~と思う反面、少ないパーツでまとめるテクニックは鈍ったような気も。

 パーツは多いにこしたことはありませんが、ゴミの落ちていない、キレイな街が1番ですからね。

 次はちょっと変化球なケルバーダインを作ろうかな~と考えています。

 さ! 材料探しの旅に出かけるか~♪



 関連記事

 
 KDT-10ドルトガ(2)製作途中写真





 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg




 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg


 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

 こちらは奥さんが「紙世ハル」のペンネームで活動している現代アートを扱ったホームページです。

 フォークトイアレンジメント



模型・プラモデル ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。