スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界有数のウォーハンマー趣味人サイト!! 「Realm of Rman ウォーハンマーのミニチュアギャラリー」とリンクしました!!!

こんにちは。林哲平です。

「Realm of Rman ウォーハンマーのミニチュアギャラリー」

とリンクしました♪

RORは日本最大のウォーハンマーコミュニティサイトで、ギャラリーには日本中の趣味人が製作したミニチュアが何百体と掲載されています。

ミニチュアペイントを始めた頃すぐにこのサイトを見つけ、

「これは凄い!!!」

とペイントの参考用にしょっちゅう眺めておりました。

「ディーモンプリンスが完成したら必ずRoRに投稿しよう!」

と前々から決めており、このたび投稿したリザードマン・ザウルスオールドブラッド不死者を統べるものクレルディーモンプリンスが掲載されて感慨もひとしおです。

作品の1つ1つに製作者と管理人の熱いコメントが書きつらねられており、ギャラリーを見ているだけでウォーハンマーの世界へと引き込まれますね。

ものすごく面白いホームページなので、ぜひ見てみてください。どちらかと言えばウォーハンマーを知らない人にオススメです。

この世にこんな模型の世界があるのか!と驚愕間違い無し!!!

いや~模型って本当にいいものですね。


関連記事

 リザードマン・ザウルスオールドブラッド

 不死者を統べるものクレル

 ディーモンプリンス




 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ケイオススペースマリーン ヘルドレイク レヴュー編

helldeke (7)

 こんにちは。生後二ヶ月の息子と遊んでいたら、「もう少し優しくしてあげて!!!」と奥さんに怒られがちな林哲平です。めっちゃ喜んでるんだけどなあ……

 2013.12.19 の記事「まさかのゲット!!! ヘルドレイクとフォージフィーンド/モーラーフィーンドを購入しちゃいました♪」で購入報告をしたモーラーフィーンドとヘルドレイク。

 「この血飛沫にまみれた2体のケイオスディーモンエンジンを合身せよ!!!」

 というのが次の企画。前回のモーラーフィーンドのレヴューに引き続き、大本命ヘルドレイクのレヴューに移りたいと思います。

helldeke (9)

 モーラーフィーンド同様、抜身でどどんとランナーが入るというワイルドな梱包。

 ヘルドレイクは細かな突起がおおく、いくつかの突起の先端がランナー同士の干渉でよれてしました。

 ランナー単位でのビニール袋梱包をぜひぜひゲームズワークショップさんにはお願いしたいところです。

helldeke (5)
helldeke (6)

 キットには40K用のラウンドベースと透明プラスチック製のスタンドが付属。

 スタンドは十字型でしっかりしたものなので、そう簡単に折れることが無いのは安心ですね。

helldeke (10)
helldeke (11)

 ランナーは二枚構成。

 トゲトゲしいパーツが盛りだくさん。

 モーラーフィーンドよりはランナーに余裕のある配置ですね。

helldeke (12)
helldeke (14)
helldeke (13)

 ヘルドレイク最大のキーパーツである巨大な翼。

 槍の穂先のような鋭角的な形状にこれでもかとド派手な装飾が施されています。
 
 カッコイイ!!!

 このパーツ欲しさにヘルドレイクを買ったわけですから。

 シナンジュの背中とかにくっつけてもカッコイイかもしれません。

helldeke (15)

 正統派ドラゴンデザインの頭部。
 
 ウォーハンマーシリーズには多くのドラゴンミニチュアがありますが、こういったメカニカルドラゴンはヘルドレイクが初めて。

 このパーツは「ケイオスジャイアントマシンドレイク(仮)」の頭部に決定です。

helldeke (16)
helldeke (1)

 イカと甲殻類が融合したかのような胴体。

 尾部が口になっているのがケイオスっぽくてグッド!!!

 この胴体にハサミとか触手とか足してアノマロカリスっぽい兇悪マシンにしてもカッコ良さそうです。

helldeke (2)

 尻尾は動物の背骨状の造形。

 機械と生物が入り混じったケイオスらしいデザインですね。


 というわけでヘルドレイクのレヴューでした。

 ヘルドレイクはケイオススペースマリーンのマシンとしては直球でカッコイイデザインで、ウォーハンマーを知らない人でもただのカッコイイドラゴンとして十分に楽しめるでしょう。

 サイズは翼を広げると20センチを超えるので、「小さいのをチマチマ作るのはちょっと……」という人はいきなりヘルドレイクから始めてもいいんじゃないでしょうか。

 
 レヴューが終わったので、さっそくパーツを切り出してコンバージョンを始めようと思います。

 さ~兇悪なのを作るぞ~♪


 関連記事

 まさかのゲット!!! ヘルドレイクとフォージフィーンド/モーラーフィーンドを購入しちゃいました♪

 ケイオススペースマリーン フォージフィーンド/モーラーフィーンド レヴュー編




 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ

MG サザビーVer.Ka!!! 徹底改修MGシナンジュ!!! フルスクラッチリバウと赤赤赤モビルスーツづくし!!! ホビージャパン2014年2月号発売!!!


Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2014年 02月号 [雑誌]Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2014年 02月号 [雑誌]
(2013/12/25)
不明

商品詳細を見る


 こんにちは。 MG サザビーVer.Kaが思ったより部品が少なく組み立てやすいことに驚きな林哲平です。

 ホビージャパン2014年2月号発売しました~♪

 今月号の表紙はサンダーボルト版フルアーマーガンダムですが、やはり注目は久々の超大型キット、 MG サザビーVer.Kaでしょう!!!
 
MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
(2013/12/14)
バンダイ

商品詳細を見る

 木村直貴氏の徹底レヴュー作例は重厚感の溢れる仕上げで、見ていると「重モビルスーツ」としてのサザビーはこうでなくては! と素直に思えてきますね。

 初心者用のHOWTO記事も掲載されているので「デカールなんて張ったこと無いし!!!」という人も安心です。特にサイコフレームの一部をメタリックグリーンで塗り分ける方法は効果抜群です!!!

 サザビーのみならずプロポーションを大改造したMGシナンジュ、フルスクラッチの1/100リバウとこの冬の赤モビルスーツ祭りは見逃せませんよ!!!

 さて、今月号で私が製作したのは、部分塗装のみで仕上げた簡単フィニッシュのスタービルドストライクガンダムとケンプファーアメイジング。


HGBF 1/144 スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング (ガンダムビルドファイターズ)HGBF 1/144 スタービルドストライクガンダム プラフスキーウイング (ガンダムビルドファイターズ)
(2014/01/31)
バンダイ

商品詳細を見る


HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング (ガンダムビルドファイターズ)HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング (ガンダムビルドファイターズ)
(2014/01/11)
バンダイ

商品詳細を見る


 特にケンプファーアメイジングはガンダムマーカーのゴールドでバーニアやシールを塗り分けただけですが、下地のダークブルーにゴールドが映えて簡単フィニッシュとしてはかなり格好良く仕上がりました。

 ガンダムマーカーのゴールドは粒子が細かく、なめらかな輝きが魅力。ケンプファーアメイジングを購入した方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 今月もホビージャパンをよろしくお願いします♪

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2014年 02月号 [雑誌]Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2014年 02月号 [雑誌]
(2013/12/25)
不明

商品詳細を見る





 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ケイオススペースマリーン フォージフィーンド/モーラーフィーンド レヴュー編

find (5)

 こんにちは。生まれて2ヶ月の息子が笑うようになって毎日が楽しい林哲平です♪

 前回の記事で購入報告をしたフォージフィーンド/モーラーフィーンドとヘルドレイク。

 「この血飛沫にまみれた2体のケイオスディーモンエンジンを合身せよ!!!」

 というのが次の企画なのですが、せっかくなのでキット内容をレヴューしておくことにしました。

 高額キットなのでなかなか実物を見る機会も少ないですし、ランナー図は公式ホームページで見ることができますが、精密なディテールの施されたパーツはアップで見ないと魅力が伝わりませんからね。

 というわけで「ケイオスジャイアントマシンドレイク(仮)」の胴体部分になる予定のモーラーフィーンド君の詳細を見ていきましょう♪

find (6)

 箱を開けるとランナーとベースが剥き身でガサっとはいっています。

 このワイルド感がたまりません!!!

 たまりません……が、7300円もする高額キットで、かつ繊細なトゲトゲディテールなんかも多いのでせめてランナーは保護用のビニール袋に入れておいてもバチは当たらないんじゃないでしょうか。

find (8)
find (7)

 極太のランナーにみっしりとパーツが配置されています。

 ゲートが太いので、ゲート処理には神経を使いますね。

find (4)

 ウォーハンマー40K用のラウンドベースが付属。

 普通にモーラーフィーンドを作るぶんには問題ありませんが、「ケイオスジャイアントマシンドレイク(仮)」に改造したら確実にベースからハミ出しますね。

find (11)

 獣型の頭部。

 トゲトゲ触手風の舌がグッド!!!

 もう少しツノとかを生やすともっと兇悪になっていいかもしれません。

find (9)

 ゴツゴツしたメカディテール満載の胴体。「禍々しいゾイド」って感じですね。

 上半身の大きいゴリラ体型なので40Kのオーク系ユニットの頭部を移植してアイアンコングやメタルスコンボイ風のゴリラメカにするのも面白いかも。

 
find (13)
find (3)

 ケイオスの魅力溢れる「エクトプラズマ・キャノン」

 これですよこれ!!!

 この表情の無い無機質な兇悪フェイスにはシビレますね。

 世界中のどんな人が見ても「これ悪者だよね」ってオーラはたまりません。

 BB戦士の闇皇帝とかにつけても違和感無いかも。

find (2)

 背中の装甲。

 背中にはヘルドレイクの翼を装着する予定なので、この装甲は胸にでもつけようかな。

find (1)

 シャープなディテールが魅力の触手。

 節がハッキリクッキリしたメカニカルなデザイン。

 メカっぽい触手パーツってなかなか無いので貴重です。

 しかし、ドラゴンに触手はあまり似合わないので使いどころにには困るかもしれません。

find (12)

 機械と生物が融合した脚部。

 フォージフィーンド/モーラーフィーンドには4本の脚部と2本の腕が入っているので、どちらを作っても足か手が一対余る計算になります。

 以前製作したディーモンプリンスのパーツがいろいろ余っているので、それと合体させてもう一体40K使用のディーモンプリンスを製作するのも楽しそう。

find (14)

 大型ガトリングガン「ハデス・オートキャノン」の銃口

 銃口が全て人の口になっているという驚愕のデザイン。

 こんな銃で打たれたらカスっただけで呪われますね。


 というわけでフォージフィーンド/モーラーフィーンドのレヴューでした。

 普通に作るだけでも魅力的なミニチュアで、オプションパーツも豊富なので値段に見合う内容だと思いいます。

 このフォージフィーンド/モーラーフィーンドは「ケイオスジャイアントマシンドレイク(仮)」に改造しちゃいますが、機会があればエクトプラズマ・キャノン×3装備のフォージフィーンドはいつか作ってみたいですね。

 次回はヘルドレイクのレヴューです♪


 関連記事

 まさかのゲット!!! ヘルドレイクとフォージフィーンド/モーラーフィーンドを購入しちゃいました

 ケイオススペースマリーン ヘルドレイクレヴュー編



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

まさかのゲット!!! ヘルドレイクとフォージフィーンド/モーラーフィーンドを購入しちゃいました♪

cde (2)

 こんにちは♪ 林哲平です。

 なんと!!! 前々から「欲しいな~でも高いしな~」と半分諦めがちだったヘルドレイクとフォージフィーンド/モーラーフィーンドを購入しちゃいました♪

 ディーモンプリンスが完成したら、次はティラニッドかケイオススペースマリーンの大型ミニチュアを作ろう! と心に決めていました。

 トライゴンも捨てがたかったのですが、ディーモンプリンスの製作中に発売されたヘルドレイクに一目惚れ!!!

 このワルそうなトゲトゲ感とバリバリしたデザインはまさに私の理想!!! というわけで新作はヘルドレイクにしようと決定したのですが……

 そこは骨の髄までモデラーな私。普通にヘルドレイクを作っても、ちょっと芸が無いかな?といつもの悪い病気がぶり返してきたのです。

 「お! これとモーラーフィーンドを合体させれば超格好いい悪そうなメカドラゴンができるじゃん!!!」

 とはいうもののどちらも高額キットで、2つ買うと14500円という恐ろしい価格に。

 これはさすがに奥さんが許してくれないだろう、と思いつつも一応聞いてみたんです。

 私「あの、次はこの二つを合体させたやつが作りたいんだけど、高いから無理だよね~。」

 奥さん「いいよ。そのかわりものすごい作品に仕上げて、私に見せてね。楽しみにしてるから♪」

 とまさかのOKが!!! いや~こんなこと言ってくれる人は世界中探しても他にいないですね。

 最高の奥さんです。

 というわけで「みんながびっくりするような凄い悪そうなメカドラゴン」を頑張って製作したいと思います。

 ……今気がついたけど、これ買う金があればスターターセットのダークヴェンジェンスが買えるような気が……

 関連記事

 ケイオススペースマリーン フォージフィーンド/モーラーフィーンドレヴュー編

 ケイオススペースマリーン ヘルドレイクレヴュー編



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ

続きを読む

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

Endless WaltzスタイルのMS立体物の総決算!!! フルスクラッチも含めた1/100完全新規作例7体の大大大ボリューム!!! 「ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編」本日発売ッ!!


ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編
(2013/12/16)
不明

商品詳細を見る




こんにちは!!! 生まれたばかりの息子にゾッコンの林哲平です。

「ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編」発売しました!!!

 MGのウイングガンダムプロトゼロのキット発売、ウイングガンダムのHG化など、ここにきて一気に動き出した感のあるガンダムウイング。

 今回のガンダムウェポンズはMGで5機のガンダムのアーリーモデルとカスタムが揃いぶみで集結するという豪華な内容。作り起こしのフルスクラッチ作例もあり、ここ最近のガンダムウェポンズの中では抜群のボリューム感がある内容となっております。

 特に仲井望氏によるフルスクラッチ作例、MGトールギスに合わせたVer.Kaスタイルで製作されたメルクリウスとヴァイエイトの揃い踏みは迫力満点!!!

 トールギスの隣に並べたいので一刻も早くMG化してほしいものです。


 さて、今回私の作例は2つ掲載されています。

 1つは月刊ホビージャパン2011年4月号に掲載された「MGガンダムデスサイズEW」
 
MG 1/100 XXXG-01D ガンダムデスサイズ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)MG 1/100 XXXG-01D ガンダムデスサイズ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
(2010/09/24)
バンダイ

商品詳細を見る

 元々「HJガンプラ徹底制作講座」の教材として製作した作例で、頬のダクトのシャープ化や脚部が長く見えるようにするためのフンドシパーツ改造、関節位置の調整など、プロポーションをよりEWのガンダムらしく見せるための工作をしています。

 2つは本誌作り起こし作例となる「HJガンプラ徹底制作講座MGウイングガンダムプロトゼロ編」にて製作したウイングガンダムプロトゼロ。

MG 1/100 XXXG-00W0 ウイングガンダム プロトゼロ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)MG 1/100 XXXG-00W0 ウイングガンダム プロトゼロ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
(2013/10/26)
バンダイ

商品詳細を見る


 100枚近い写真を使って、「EWのガンダムらしく見せるための工作」を徹底解説しています。

 シャープさを追求するためにバンダイエッジを消す方法から始まり、装甲断面を薄くする方法と工作ポイント、シンチュウ線を使って軸を打ちなおして関節位置を調整しながらプロポーションを替える方法などなど。

 最新のガンプラ改造用素材であるネオジム磁石を使ったツインバスターライフル脱着改造や、金属リベットの打ちかたなどなかなか紹介されることのない技法も紹介してあるのもポイントです。

 そしてなによりも見て欲しいのは設定から変更したカラーリング。ウイングガンダムプロトゼロはEW版と銘打たれているものの、TV版ウイングガンダムゼロそのままのカラーリングのためぱっと見ただけではウイングガンダムゼロにしか見えません。ディテールや細かな形状が大幅に変わっているのに、このままでは変わらずに見えてもったいない…… と思いきってウイングガンダムゼロカスタムのカラーリングに変更してしまいました。

 ウイングを真っ白に塗るのが一番勇気が入りましたが、思った以上によく似合ったので満足しています。

 自分はどちらかというと悪そうな機体ばかり作っているので、ウイングガンダムプロトゼロの製作は新鮮でした。主役機もたまにはいいものですね~♪

 書店に立ち寄ったときは「ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編」をぜひよろしくお願いします。


ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編ガンダムウェポンズ 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz編
(2013/12/16)
不明

商品詳細を見る


 
 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ディーモンプリンス【3】完成編!!!

dmp (2)

 こんにちは!!! 林哲平です!!!

 ついに!!!

 やっと!!!

 念願のディーモンプリンスが完成したのです!!!

 今年の正月、会社への初出勤の帰りに買って記事にしたのが1月11日のこの記事

 ディーモンプリンス【1】レビュー編

 そして一気に組み立てワンボックスでコンバージョンしたのが1月19日のこの記事

 ディーモンプリンス【2】製作途中写真

 購入から完成まで約一年!!! 購入したときはまだ発生すらしていなかった子供が今ベビーベッドでダアダア言ってるのを見ると、ずいぶん時間がかかったなあ……としみじみ感じます。

dmp (3)
dmp (4)

 これだけ製作時間がかかったのは、仕事が忙しかったことや子供の出産準備に追われていたことが言い訳にならないくらい非効率的な製作をしていたのが原因です。

 それはズバリ!!! 模型初心者が陥りがちな最大のミス、完成へのハードルを上げまくり収集がつかなくなるというもの。

 前作のパスファインダーレッドドラゴンが想像以上に上手く完成し、周りの評判も思いのほか良かったので「次のディーモンプリンスはヘヴィーメタルチームなみの完成度を目指すぜ!!!」と勝手に自分の中でヒートアップ。

  いや~おこがましい。プラモデルは一朝一夕で上達するものではないということを、誰よりも自分が一番良く知っているはずなのにですよ。

 ミニチュア製作6体目で(出来る人もいるとは思いますが)そんないきなりハードル上げたら完成なんてするはずありません。

 そのため延々と8段階くらい本体のブルーを半年くらい塗り重ねていたり、斧の柄の木目が気に入らないと三ヶ月くらい悩んでいたり。

 そして気がついたらはや12月!!! 子供と遊び、ふと目をあげると作業棚の片隅でホコリを被って恨めしそうに見つめるディーモンプリンスの姿が!!!

 これはいかん、と思いこの休みで一気に完成させました。金、銀は2日で塗装。やればなんとかなるものです。

 模型は完成させてなんぼ。要領よく製作していれば、同じ製作時間であと3体はミニチュアを完成させることができていたと思います。


■四面図
dmp (5)
dmp (6)
dmp (7)
dmp (8)

 「オールインボックスで最高のコンバージョンをする!!!」をテーマに製作したディーモンプリンス。詳しくは製作途中写真を見てもらうとして、どんな塗装にするかは相当悩みました。

 悪魔といえば黒や紫系のカラーリングですが、ウォーハンマーのデーモンはどれもカラフルで色鮮やか。

 最終的にコデックスのエピソードが個人的に一番好みなティーンチ神風のブルーを基調としたカラーリングに決定。

 ペイントは基本的にゲームズワークショップのシタデルカラーを使用しています。表面のツヤ消しにのみGSIクレオスのスーパークリアーつや消しを使いました。

 本体のブルーはケイオスブラックで作った下地から明度をあげつつ八段階のレイヤリング塗装。(レイヤリング塗装の詳しい方法はコチラ)羽の赤の5段階くらい塗り重ねています。

 シルバー、ゴールドは目立たせたかったので、本体のツヤをスーパークリアーツヤ消しで消したあとに塗装。ものすごくギラつきますが、ウォーハンマーのミニチュアはこれくらい派手なほうが似合いますね。


■頭部
dmp (10)

 デコに角を移植し、三本角へとグレードアップさせた頭部。瞳はレッドででペイントし、中心に向かいピンクをのせてグラデーションをつけ、中心にチョンっとホワイトを入れ目力をアップ。

 口はキバごとレッドで塗装したあと、キバをドライブラシの容量でペイントしました。


■武器
dmp (12)
dmp (16)

 剣、斧はマジックウェポン風にしたかったので刀身は黒を基調に刃先に向かうにつれ明るめのブルーになるようにレイヤリング。最後にホワイトをドライブラシしてエッジを強調させています。

 斧の柄の木目はさんざん悩んで塗り重ねまくった結果、ボテボテになってしまったので一度塗装を削り落としてほどほどに木目を書き込んで完成としました。


■左肩
dmp (14)
dmp (1)

 グリーンスタッフで作ったケイオスのウニョウニョはティーンチ風のパープルで塗装。5段階ほどレイヤリングを重ねています。

 槍に串刺しのドクロはウォッシングとドライブラシを重ねてディテールを強調。

■右肩 
dmp (18)
中心から突き出るキバ?ツノ?は筆のタッチで表面に凹凸をつけより無骨さをアピール。肩アーマーはエッジにガンメタルをドライブラシして金属表現を加えました。

■翼
dmp (17)
 翼はレッドで5段階ほどレイヤリング。本体の色に合わせやや暗めのペイントとしましたが、もう少し鮮やかに仕上げても良かったかもしれません


■下半身
dmp (13)

 腰アーマーのフチはパッケージの完成見本を参考に丁寧にシルバーで塗り分け。ここは特にディテールとかも無いのでペイントには神経を使いました。

 前掛けの鎖帷子部分はケイオスブラックの下地の上にガンメタルでドライブラシ。足の爪はダークブラウンの上にホワイトで筆のタッチを生かしつつ書き込み、ブラウンでウォッシングして落ち着かせています。


■ベース
dmp (19)
 
 ベースはブラウン系、グレー系のカラーを明度を変えながらドライブラシを繰り返して発色。草はシタデルグラスを木工用ボンドで接着しています。

 ベースのサイドはブラックの上にゴールドでドライブラシし、金属の鋳造品風の表現を施しています。
 
 
dmp (9)

 500円玉とのサイズ比較。

 さすがにデカイ!!!

 そりゃあペイントするのに時間がかかるはずです。

dmp (15)

 というわけでこの1年の集大成(といっても1体しか作っていないけど)のディーモンプリンスとの戦いをやっと終えることができました。

 個人的には頑張った本体のレイヤリングが思った以上に目立たず、これならドライブラシとウォッシング主体でペイントしたほうが健康的だったかな…… と反省点は多いです。

 が!

 やっぱり完成すると嬉しいものですね~♪

 肉眼だとわかりずらかったレイヤリングの効果も写真に撮ると思ったよりも効果的に出たのでホッと一息です。

 奥さんにも「これは格好いいから早くブログにUPしなさい!」と大好評。

 趣味に理解がある奥さんは最高です。

 次はもっと本格的なコンバージョンをした作品にチャレンジしたいですね。

 個人的にはモーラーフィーンドヘルドレイクを合体させると超格好いいケイオスディーモンエンジンができるんじゃないかな~とは思うんですけど値段が軽く14500円とブラスターな感じになるのでちょっと難しいかも……

 ああいかん、またハードルを自分で上げまくっている気がする。

 関連記事

 ディーモンプリンス【1】レヴュー編

 ディーモンプリンス【2】製作途中写真編 

 
 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ




模型・プラモデル ブログランキングへ



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。