スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表紙は百式だけど、注目は超ド級徹底改修ネオジオング!!! ホビージャパン2015年7月号発売!!!





 こんにちは。
 
 ぎっくり腰の後遺症で長時間座るのが辛い林哲平です。

 ホビージャパン2015年7月号発売しました~♪

 今月号は表紙こそニューキットの百式ですが、yubaba氏のフルスクラッチジーラッハ、鈴木政貴氏のモビルアーマー形態、超巨大武者形態に変形する超機動殺駆頭将軍と巨大作例目白押しでページをめくるたびに目玉が飛び出るような大型作例ばかり。

 その中でもアクシズ店長氏が製作された1/144ネオジオングは最注目作例でしょう。


 ネオジオングを組み立てたことがある人(あまりいないか)ならわかると思いますが、あのキットはその巨大なボディをささえるため頑丈さと組み立てやすさを優先した構成。

 普通にパチパチ組み立てて飾っておくぶんにはいいのですが、全塗装、ましてや劇中のギミックをフル再現してディテールアップして仕上げるとなると大変どころの話ではありません。

 それをたった一人で成し遂げたアクシズ店長氏には本当に頭の下がる思いです。シャンブロも凄かったですが、このネオジオングはそれを完全に超えています。

 模型好きなら見ないのはかなり損だと思いますよ。

 個人的に今月ツボだったのは一ノ戸晃治氏製作のフォードF100ピックアップトラック。

 


 30年以上前のAMTのキットで、形にするだけでも大変なシロモノ。

 これをあっさりと現代の最新キットのようにさらりと仕上げる一ノ戸氏の技術には感嘆するほかありません。

 自分も今ちょうどピックアップトラックのアメプラを作っているので、モチベーションがあがりまくりです。

 で。

 今月私の製作した作例は2体。

 一体目は「ガンダムドライオンドライ」

 プレミアムバンダイ限定キットで、HGトライオン3に新規造形のブレードアンテナを加え、成型色を黒に変更したもの。

 これは超合金ロボのブラックバージョンだろう、ということでテカテカのグロスブラックで仕上げています。

 製作記事では複雑極まりないブレードアンテナの塗り分けを簡単かつキレイに仕上げる方法やサフレス光沢塗装のススメ、剣を両手で構えられるようにするための肩関節の追加工作などを紹介しています。

 2体目はMGハイパー・メガ・ランチャー

 目立つ肉抜き穴を埋めるポイントと、各部のバーニアの自作などポイントを絞り、初心者でもカッコイイメガ・バズーカ・ランチャーを仕上げられるよう解説しています。

 今月私は作例2体でぐったりしていましたが、他のモデラーさんのスクラッチ作例や巨大作例なんかを見ていると、自分の修行の足りなさを実感しますね。

 今月はかなり見応えありますので、ホビージャパン2015年7月号をよろしくお願いします!!!


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ




スポンサーサイト

アメリカレベル 1/25 ダッジ・ラムVTS【1】

ramvts (1)
ramvts (2)

 こんにちは。林哲平です。

 いきなりですが、やってしまいました。

 カーモデル2台目にして、アメリカレベルのキットに手を出してしまったんです!!!

 その名も「ダッジ・ラムVTS」!!!



 ああ、なんでこんなキット買っちゃったんだろ……

 実車は1996年にシカゴモーターショーで発表されたコンセプトカー。

 2代目ダッジラム1500をベースに、ダッジヴァイパーのV10エンジンを搭載したスペシャルモデル。

 トラックの世界最高速度記録を一時期保持していた、ダッジラムSRT10のご先祖にあたる車です。

 キットはアメリカレベル伝統の四角い箱に、しっかりとシュリンクパックされています。

 パッケージは写真箱。

 完成見本のボンネットがすでに合って無く、黒々とした隙間が恐怖を誘います。

 いや!でも購入したネットショップには2012年入荷って書いてあったし!

 最近のアメプラは出来も良いって評判も聞くし!

 大丈夫だって♪

 と箱を空けてみたところ……

ramvts (14)
ramvts (13)
ramvts (15)

 ぐはッ!!

 想像以上のバリバリ伝説なパーティングライン!

 「あれ?ツールクリーナーに漬けたっけ?」って感じのヌルヌルした甘いディテール!

 ちょっと試しに仮組みしたところ、いろんなところにとんでもない隙間が!!!

 完成見本はあれでもかなり調整して製作しているようです。

 完成見本作った方、微妙だとか思ってすいませんでした。

 シャシーの裏を見てみると、この「made in china 1996」との刻印が。

 アメリカレベルは1990年台初頭まではアメリカ国内で金型を製作しており、その時代のキットはディテールもシャープで傑作揃いなのですが、1996年というと中国へと生産拠点を移したばかりの時代。

 今でこそ中国のプラモデルメーカーは世界最高水準で出来も非常に素晴らしいですが、この時代のキットはディテールが甘かったり、ボディが反り返って全然合わなかったりと技術的に未熟なものも多かったんです。

 ただ、ボディのプロポーションはアメプラらしく非常に良好。

 2代目ダッジラムのパワフルなボディラインをよく再現していると思います。

 ワイパーはボディに一体成型ですが、アメプラにはよくあること。

 エンジンの補器類が一部ボディ側にくっついているので、製作のときは一旦切り離しておいたほうが良さそうです。

ramvts (11)
ramvts (10)

 インテリアはディテールも含め、非常に良い仕上がり。

 シートはり合わせ式で裏側の肉抜き穴などはありません。

 インパネはクリアーパーツの裏側からデカールを貼る方式で、ここはそのままでもリアルに仕上がりそうです、

 このあたりは昔のレベル1/32シリーズの飛行機モデルを思い出しますね。

ramvts (9)
ramvts (7)
ramvts (8)

 エンジンのディテールもちょっとダルめ。

 ダッジヴァイパーと同じエンジンを積んでいるので同社のヴァイパーGTSと同じものかな?

 と最初は思っていたのですが、エンジンレイアウトなども違うので専用のものが入っています。

 凸ディテールで再現されている、「VIPPER」のロゴを塗り分けるのが大変かも。

ramvts (4)

 クリアーパーツぱ透明度が高く、成型も非常にシャープ。

 コンパウンドでちょっと磨けば大丈夫でしょう。

ramvts (5)

 テールランプはクリアーレッド成型。

 アメプラではこれが標準仕様とのこと。

 塗る手間が省けるのはちょっと楽です。

ramvts (3)

 タイヤはトレッドのディテールがくっきりと刻印されており、材質も固めなゴム製でいい感じです。

 予備が一個入っているのもグッド。

ramvts (6)

 メッキランナー。

 メッキ層が分厚く、表面のヒケやキズが目立ちます。

 メッキはライトの内部パーツのみ使い、他は全て落として塗装し直しですね。

ramvts (16)

 デカールはシルクスクリーン印刷の非常に美しいもの。

 中国のプラモデル製造工場はデカールの印刷機器をカルトグラフなど優れたデカールを製造する会社から多数購入し、それを標準的に使用しているのでデカールの品質は最高です。

 ただ、車体の調整を相当する必要があると思うので、ホワイトラインは塗装で再現したほうが良さそうですね。

 
 と、いろいろキットについて批判的なことを散々書きましたが、私はこういう「難物キット」って大好きなんですよね。

 ガンプラは特にそうなんですけど、最近の国産キットはあまりに出来が良すぎ、ある程度の技術があれば誰が作ってもそれほど仕上がりは変わりません。

 「プラモデル」という製品の特性上、それは非常に正しいことです。

 木製模型からプラモデルにシフトしたとき、新しくプラモデルを生産したメーカーの謳い文句は「特別な技術ななくても、誰でも格好良い模型が出来る」というものでしたし。

 でも、昔ながらの「あのキットをよくここまで作ったね!!!」っていう喜びもまた捨てがたいもの。

 頑張って成仏させてやりたいと思います。

 夏までには完成するかな~?



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ

フジミ 1/24フォルクスワーゲン ゴルフⅡGTI

GOLF (2)

 【1/24 フォルクスワーゲン ゴルフ Ⅱ GTI16V】

 フジミ模型 税込み1944円

 実車はドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンが製造していたゴルフシリーズの2代目。

 2代目ゴルフはジョルジエット・ジウジアーロでがデザインした初代ゴルフのデザインラインを強く引き継いでいるので、「ゴルフは2代目までがゴルフ」というゴルフファンも多いですね。

 2014年、外国車として初めてカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したゴルフ7などでも謳われていますが、機械的信頼製をウリにしている車で、ゴルフⅡは同年代の日本車などとくらべても格段に耐久性が高いとか。

 うちの奥さんの実家の近くの家に、ゴルフⅡの初期型、左ハンドルでライトが4灯のおそらくドイツから初期に並行輸入されたバージョンのゴルフが止まっていることに最近になって気がつき、「プラモ作る前に知ってれば参考にしたのに!!!」と見るたびに思います。

GOLF (11)

 フジミのゴルフⅡは1990年台初期に発売されたキット。

 エンジンは入っておらず、ステアも無可動で車軸は金属シャフトという簡易的な内容ですが、プロポーションはゴルフⅡのカチっとしたシャープなラインを上手に再現しています。

 キットはゴルフⅡの初期型を立体化したもの。

 私が今回製作したのは「峠シリーズ」として2014年末に再販されたもので、キットの組み立て指示では使わないようになっていますが、4灯型フロントグリルや左ハンドル用のダッシュボード、ラゲッジスペースのカバーもしっかりと入っています。

 ただ、残念ながらゴルフⅡGTIが本来履いているタイヤとホイールである純正使用の「ピレリ6」は入っていません。

 あくまで走り屋使用、カスタムベースのキットということなんでしょう。

GOLF (10)

 遅ればせながらこんにちは。林哲平です。

 このゴルフⅡGTI。

 プラモを初めて30年、初めて完成させたカーモデルなんです。

 戦車は大好きでしたが、乗用車やF1カーなどいわゆる「柔らかい」車ってまったく興味が持てなかったんですよね。

 純粋に模型的な興味から何度か作ってみたことはあったのですが、ホコリが着いたり、クリアーパーツが割れたり、キレイに組み上げたりすることが出来ず、やる気を失っていつも挫折していました。

 
GOLF (9)

 ただ、ホビージャパン編集部でなんどもプロのカーモデラーが製作した完成品を見る機会があり、「これは凄い!!!いつかこんなの作ってみたい!!!」とは常に思っていたんですよね。

 それを決定づけたのが、一戸寛氏が製作されたタミヤの1/12フェラーリ312T2を生で見たときでした。

 たまたま納品のときに居合わせたのでカウルを外して中を見せてもらったりと隅々までじっくりと見ることができ、ああ、模型の世界って自分はまだまだ知らないことばかりなんだなと猛省したことをよく覚えています。

GOLF (3)
GOLF (4)

 息子が生まれたのを機に一軒家に引っ越し、結構広めの作業部屋を使えるようになったとき、今こそカーモデルに再チャレンジするときだ!!! と決意しました。

 幸い、仕事で製作した光沢塗装の作例「Rギャンノーブル」の光沢仕上げが想像以上にうまく行き、自信がついていたのも追い風に。

 で、どんな車を作るか……

 過去の自分の失敗から振り返って得た結論は「部品が少なく、作りやすいキットを作る!!!」ということ。

 小学5年生のとき失敗したのは、当時ホビージャパンで見て「このプラモは凄いかも!!!」と小遣い全部はたいて買ったロッソの1/43フェラーリ。

 細かい部品をうまく接着したり、デカールをキレイに張れずに挫折。

 25歳のとき、カーモデリングマニュアルのランボルギーニ編を読んで「そうだ!!! カウンタックを作ろう!!!」と「一番出来がいい」という判断基準だけでフジミのエンスージアストシリーズのカウンタックを購入。

 シャシーとボディ、他にもいろんなところが合わずに挫折。

 他ジャンルの経験値があるにしても、プラモデルはジャンルが違うと作り方がガラリと変わります。

 いいモノを作りたい!!! という思いは大切ですが、背伸びしすぎて自分に扱えないものを選ぶのは模型製作で初心者が陥りがちな最悪のパターンの一つ。

 なのでホビージャパン編集部のカーモデル担当、舟戸氏に「カーモデルにチャレンジしたいんだけど、エンジン無しでパーツの少ない、作りやすいキット無いですか?」と尋ねました。

 そこでいただいたのがこのゴルフⅡのキット。




 当時は車についての知識がゼロだったので「この車、ビートルじゃないのになんでフォルクスワーゲンのマークが入ってるんだろう?」とか思っていました。

GOLF (5)
GOLF (6)

 そんなこんなで製作を始めたのですが、キットの指示ではフロントグリルは2灯、かつ右ハンドルでインテリアに補強用のロールバーの設置するというアバンギャルドな走り屋使用となっています。

 フジミのゴルフ2は初期の左ハンドル車をモデライズしたもの。

 2灯で、しかも右ハンドルにするとなるとワイパーの位置やAピラー後ろの三角窓などいろんな部分を改造しなければなりません。

 そもそもドイツ車だし、左ハンドルのほうが格好いいのでキットのおまけパーツを駆使し、4灯型の初期仕様、16Vエンジンを搭載した「ゴルフⅡ GTI16V」 として製作しました。

GOLF (7)

 仕事の合間をぬってちょこちょこ進めていたので、製作期間は3ヶ月ほど。

 基本的に改造はせず製作していますが、20年以上前のキットだけあって金型があちこち傷んでおり、修正に時間をかけました。

 特に気になったのがフロントガラス側面のピラー。

 ゴム部分が太すぎ、ボディカラーが出るはずの部分が全て埋まっているんですよね。

 ここはスジ彫り堂のロックレーザー328で一旦ディテールを全て埋め、BMCタガネで彫りなおしています。

 三角窓の枠はディテールが甘く、かつクリアーパーツを磨く邪魔になったので一旦削り落とし、エバーグリーンのプラ板で作りなおしています。

GOLF (8)


 タイヤはよっぽどピレリP6に変えようかと思いましたが、

 「手を入れだすとキリが無いッ!! ここは完成を優先させるッ!!」

 と目を瞑りました。

 ボディカラーはいろいろ悩みましたが、奥さんの好きなブルーに決定。

 下地にガイアノーツのピュアブラックを吹き、タミヤのマイカブルーをエアブラシに移して塗装。

 クリアーはガイアノーツのExクリアーを4回吹いてクリアー層を作ったあと1500番紙ヤスリで表面の凹凸を除去。

 薄めに溶いたExクリアーを上掛けして光沢を復活させたのち、タミヤのコンパウンドを粗め→細め→仕上げ目の順番でかけてひたすら磨き。

 お風呂でボディを洗った後、ハセガワのセラミックコンパウンドでさらに磨き、タミヤモデリングワックスをかけてボディを仕上げました。

 ホイールはアルティメットブラックを塗装した上にExクリアーを吹き、その上からメッキシルバーで塗装しています。


 こう書くと失敗もせず簡単に出来たように見えるかもしれません。

 しかし実際はカーモデルのHOW TO本に載っている失敗を全てコンプリートしており、失敗→修正→失敗の繰り返し。

 こんなに失敗しながらプラモデルを作るのは生まれて初めてでしたね。

 しかし、これほどプラモデル製作を楽しめたのも久しぶりでした。

GOLF (12)

 昔から一度やってみたかった、自然光でパシャリ。

 カーモデルは屋外撮影が似合いますね。

 地面に腹ばいになる勇気が無かったので、ポストの上に乗っけて撮影しています。

GOLF (14)
GOLF (13)

 というわけで人生初のカーモデル、ゴルフⅡGTI16Vでした。

 3月の半ばには完成していたのですが、仕事が忙しくなり、写真を撮る暇も無かったんですよね。
 
 車はボディにいろいろなものが映り込むので、撮影がこんなに大変だっとはわかりませんでした。

 無改造ですし、仕上げの粗も多いのですが、模型歴30年にして初のカーモデル!!!

 完成品はすぐ押入れにしまう私ですが、ゴルフⅡは作業場の目立つ場所に今も飾っています。

 奥さんも「こんなにキレイに仕上がるなんて思って無かった!!! 私の好きなブルーに塗ってくれてありがとう♪」

 と大好評。

 下地塗装したあとに「このまま黒でよくね?」と思った自分に勝ってよかった(笑)


 ゴルフⅡの製作中から、自分の中で想像を絶するほどの猛烈な車ブームがやって来まして。

 いろんな本を買って読んだり、はたまたミニカーまで集めだしたりと小学生に戻ったような気分です。

 今カーモデルの勉強中ですが、「こんなキットがあったのか!!!」ともう目からウロコが落ちまくりで猛烈に楽しい。

 もし独身時代だったら、迷わず100個以上カーモデルを買っていたに違いありません。

 カーモデルで学んだ技術はガンプラの作例製作にもさっそく役立っており、この3ヶ月ほどで自分の腕がグン!と上がったことを実感しています。

 知らないことを学ぶって本当に楽しいですね。



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ

いまさらかい!!! つて怒らないでね♥ HJ2015年6月号絶賛発売中です♪




 こんにちは。

 少々激務がたたり、現在プチ療養中の林哲平です。

 え~と、ホビージャパン2015年6月号なんですが、絶賛発売中であります。

 もう5月も14日。そろそろ次の号が発売するよって時期まで更新を引っ張ってしまいました……

 でも、それには理由があるんです!!!  

 今月は作例を2体製作していたので忙しく、とてもブログを更新するまで手が回らなかったんですよね。

 2015年6月号にも作例が2体掲載されているので、ず~っと更新したかったんです。

 今更ですが、まあ改めて紹介ということで。

 一つ目の作例は、バンダイホビーサイトで開催されている「Gのレコンギスタ」の模型コンテストプロモーション用の作例で、マックナイフをベースにジャイオーンのビッグハンドを取付けた「フォルナイフ」。


 ビッグハンドを様々な形態に動かすことで「テントモード」「水中用モード」などなどに変形します。

 名前は折りたたみ機能があり、形が様々に変わる「フォールディングナイフ」からとっています。

 ものすごく簡単な改造しかしていないので、ちょっと改造にチャレンジしたい!!! という初心者モデラーはぜひ参考にしてみてください。

 二つ目の作例はHGUC GP01にビルドブースター、GP03を合体させて製作した「RX‐78GP01J ガンダムGP01J」。


 こちらは擬似的にガンプラバトルを実現するプロジェクト「ガンプラバトルプロジェクトType絆」のプロモーション用に製作した作例。

 「今RGじゃなくてHGかよ!!!」と思う人もいるかもしれませんが、HGUC GP01はMG初期の名作であるGP01を縮小、凝縮させた傑作キットで、発売当時としてはかなりオーバースペックなガンプラでした。

 関節機構のが複雑で、改造には向かないRGよりは元も良く扱いやすい、ということでこのHGUC版をベースにしています。

 もちろん、今の目からみてちょっと古いかな? と思うポイントや省略された部分もあるので、そこは現在の水準にあわせてディテールアップしました。

 それにしても、自分が作ったガンプラで戦える時代がくるとは!!!

 技術の進歩ってすごい。

 もうすぐ新しい号が出ますが、ホビージャパン2015年6月号をよろしくお願いします。


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ
プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。