スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表紙は百式だけど、注目は超ド級徹底改修ネオジオング!!! ホビージャパン2015年7月号発売!!!





 こんにちは。
 
 ぎっくり腰の後遺症で長時間座るのが辛い林哲平です。

 ホビージャパン2015年7月号発売しました~♪

 今月号は表紙こそニューキットの百式ですが、yubaba氏のフルスクラッチジーラッハ、鈴木政貴氏のモビルアーマー形態、超巨大武者形態に変形する超機動殺駆頭将軍と巨大作例目白押しでページをめくるたびに目玉が飛び出るような大型作例ばかり。

 その中でもアクシズ店長氏が製作された1/144ネオジオングは最注目作例でしょう。


 ネオジオングを組み立てたことがある人(あまりいないか)ならわかると思いますが、あのキットはその巨大なボディをささえるため頑丈さと組み立てやすさを優先した構成。

 普通にパチパチ組み立てて飾っておくぶんにはいいのですが、全塗装、ましてや劇中のギミックをフル再現してディテールアップして仕上げるとなると大変どころの話ではありません。

 それをたった一人で成し遂げたアクシズ店長氏には本当に頭の下がる思いです。シャンブロも凄かったですが、このネオジオングはそれを完全に超えています。

 模型好きなら見ないのはかなり損だと思いますよ。

 個人的に今月ツボだったのは一ノ戸晃治氏製作のフォードF100ピックアップトラック。

 


 30年以上前のAMTのキットで、形にするだけでも大変なシロモノ。

 これをあっさりと現代の最新キットのようにさらりと仕上げる一ノ戸氏の技術には感嘆するほかありません。

 自分も今ちょうどピックアップトラックのアメプラを作っているので、モチベーションがあがりまくりです。

 で。

 今月私の製作した作例は2体。

 一体目は「ガンダムドライオンドライ」

 プレミアムバンダイ限定キットで、HGトライオン3に新規造形のブレードアンテナを加え、成型色を黒に変更したもの。

 これは超合金ロボのブラックバージョンだろう、ということでテカテカのグロスブラックで仕上げています。

 製作記事では複雑極まりないブレードアンテナの塗り分けを簡単かつキレイに仕上げる方法やサフレス光沢塗装のススメ、剣を両手で構えられるようにするための肩関節の追加工作などを紹介しています。

 2体目はMGハイパー・メガ・ランチャー

 目立つ肉抜き穴を埋めるポイントと、各部のバーニアの自作などポイントを絞り、初心者でもカッコイイメガ・バズーカ・ランチャーを仕上げられるよう解説しています。

 今月私は作例2体でぐったりしていましたが、他のモデラーさんのスクラッチ作例や巨大作例なんかを見ていると、自分の修行の足りなさを実感しますね。

 今月はかなり見応えありますので、ホビージャパン2015年7月号をよろしくお願いします!!!


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは、今月号も制作お疲れ様でした。

先月号・今月号と非常に派手なオリジナルの改造作例が盛りだくさんで、私にとっては非常に眼福モノです。先月号では六笠氏のヒルドルブ、今月号では鈴木氏の機動字音城がツボでした。字音城はギミックも凄いですが、ムラのあるメタリック塗装なんかもとても面白いと思いました。

一ノ戸氏のトラックは滑らかな光沢が綺麗だなあと思って眺めてましたが、なかなか強烈なキットだったんですね。当たり前のように完成度が高いので、元がどうだとかは分かる人じゃないと分からないってのは悲しい所ですw

あとは井上氏のミサイル、まさかのフルスクラッチはもはや笑えるレベルでした。
サイズピッタリだし、内部まで作りこんでるし、何じゃコレとw

今月号は林哲平さんのも含めてガンプラもスケールモデルも素晴らしい物が揃ってたと思います。今まで見た中でも1・2を争うボリュームだったかもしれません。

ところで先月号の林哲平さんの没ネタなんかは、ブログの方で途中の状態とか紹介できないもんなんですかね?せっかくの陽の目を見ることの無い没なんで、私なんかは構わないかと思ってしまうんですが。
あとカーモデルも良いのですが、ザッハークさんがそろそろ恨めしそうな目を向けてるんじゃないかとw
シタデルカラーやアクリジョンなんかは最近注目度が高まってるような印象があるので、お小遣いと暇が少なくて肩身の狭いお父さん向けに実用的な易しい情報が発信できるとより普及を後押し出来るのかなと思います。
…そういうのは本来メーカーがやるべき事なんですけどねw

kenさん、コメントありがとうございます。

kenさん、いつもコメントありがとうございます。

ホビージャパンをいつもしっかりと読み込んでもらっている人がいることは、作り手として凄く嬉しいです。

ボツネタや使わなかった途中写真ですが、そこは雑誌に掲載することが優先なのでご容赦ください。

載せられたらいいな~ って思うことはあるんですけどね。

ザッハークは…… 頑張ります!

今自分の中で空前の車ブームが到来していて、なかなか手がつかないんですよね。

息子が幼稚園に入園する前までにはなんとか完成させようと思ってます。
プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。