FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカレベル ダッジ・ラムVTS【2】

ramvtsbody (4)
ramvtsbody (5)

 こんにちは。

 最近ホットウィールにハマりまくりな林哲平です。

 ダッジ・ラムVTS、やっと塗装前の状態までもってこれました。

 もういきなりサフ吹き状態で、サクサク♪ っとここまで仕上がったようにみえますが……

 もうあまりにも苦労の連続で、作例ではない趣味のプラモデルでこんなに苦労したのは生まれて初めてですね。

ramvtsbody (1)
ramvtsbody (2)
ramvtsbody (3)

 ボディ3面図。

 柔らかく、かつプラの厚みもあるというステキ使用のボディ。

 おかげで全面ヒケだらけ。

 400番紙ヤスリで全体的に削りこんでヒケを消し、スジ彫りは0.2㎜と0.15㎜のBMCタガネで全て彫り直しました。

 正直なところ、プラモデルを作っているというよりも、ワンダーフェスティバルで買ってきたイベントガレージキットを製作している気分でしたね。

 600番までヤスリがけしたあとにサーフェイサー1500を吹き、また浮き上がってきたキズや歪みを消す…… という作業を6回ほど繰り返しています。

 ボディはメタリックブルーで塗装するので、サフの層を最後に2000番紙ヤスリで磨き、レベリングうすめ液を多めに混ぜて希釈を薄くしたサーフェイサー1500を最後に吹付け、サフ地を滑らかにしてみました。

 昔アルヴァアロンをフルスクラッチしたときもこんなに表面処理で苦労はしなかったような。

ramvtsbody (6)

 ボディと一体だったワイパーは模型用彫刻刀で削り落としました。

 塗装後にエッチングパーツのワイパーを装着する予定です。

 同じく一体だったエンジンの補機類は切り離して別パーツ化。

ramvtsbody (7)


 予想外に手間取ったのがドアとボンネット周り。

 実車写真をよくよく見ると、ドアとボンネット後部の形がキットのものと全然ちがうんですね。

 キットは2台目ダッジ・ラムの初期型を参考にしているようで、後期型ベースの1996年型ダッジ・ラムVTSのボンネットからドアに繋がるラインは下に一直線の形となっているんです。

 表面処理がほとんど終わったときに気が付き、もう見なかったことにしようかなとも思ったのですが、ここまで苦労したんだからもうついでだ!と修正しました。


ramvtsbody (8)


 荷台は後部ハッチの開閉ギミックつき、トノカバーも取り外し可能なんですが……

 笑えるくらい合わない。

 ギミックを活かすために微調整してたらメタルフィギュアとか一体完成するなと感じた瞬間、トノカバーを接着してギミックは封印しました。

 実車もトノカバーをずっと被せたままにしているのでこれでもアリだろうということで。

 隙間を全てMr.瞬間接着パテで埋め、スジ彫りやディテールは全て後から彫り直しています。

ramvtsbody (11)

 シャシーには完成後にベースに固定するためのナットを埋め込んでいます。

 トラックのシャシーはラダーフレームなのでナットを埋め込む場所が限られ、以外と苦労しました。

 こういう固定ネジ埋め込みは完成後の作品保全のために欠かせないポイントですからね。

ramvtsbody (13)
ramvtsbody (10)

 一番苦労したボンネット。

 2本のプレスラインを光硬化パテロックレーザー328で埋め、ディテール再現だったメッシュ部分をくりぬいています。

 とにかくこのボンネット、ボディと全然合わない。

 普通の車と違い、ボディの上に載せるような形になっているので隙間が非常に目立つんです!!!

 細切りのプラ板を張って微調整を繰り返し、それでも隙間が開くので瞬間接着パテやエポパテなどなど、あらゆる素材と方法を試しましたがなかなかうまくいきません。

 なんとかこれくらいなら許せるかな? というところまで頑張りました。

 コレ以上いろいろしてると永遠に完成しなさそうだし。

 プラモデルの大敵は完璧主義ですからね♪


 
ramvtsbody (9)

 バンパーは埋まっていたグリルを開口。

 ここもフロントグリル同様、後からメッシュを貼る予定です。

ramvtsbody (12)

 最後の強敵だったドアミラー。

 ドアミラーはボディの根本から生えている構造で、キットのまま作るとドアミラーつけたまま塗装や研ぎ出しをせねばならず、大変不便です。

 そこでボディに埋まっている付け根部分をBMCタガネでほり込んで切り離し、まるごと別パーツ化。

 塗装後にボディへはめ込む方式へと変更しています。

 
 というわけでやっとのことでボディの整形終了です。

 この作業量だけで前回作ったゴルフⅡぐらいなら余裕で完成しそうかも。

 さ、頑張って塗るぞ~♪

 関連項目

 アメリカレベル 1/25 ダッジ・ラムVTS【1】



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。