スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(2)一般参加者編

 こんにちは。林哲平です。レポート第二弾は一般の参加サークルと持ち込み作品より紹介させていただきます。
 
 まずは『神奈川工科大学 特撮模型研究部』こと『特模』から。模型を製作することだけではなく、模型を題材とした特撮写真を撮影することにもこだわっているという、ショーマンシップ溢れる模型をサークルです。私の大学生時代(12年前)から変わらずの精力的な活動を行なっている様子で見て懐かしくなりました。また、ホビージャパンのプロモデラー、綱島勇太氏を輩出したことでも有名です。
RIMG1196.jpg
 シーマ海兵隊員氏作『クロスボーンガンダムX-2改』
 MGクロスボーンガンダムX-1を改造した力作です。バスターランチャーもしっかりスクラッチしています。大改造と両立することがとても難しい光沢塗装で美しくまとめられており、会場での存在感は抜群でした。
RIMG1200.jpg
 ゆーへい氏作『クロスボーンガンダムX-1』
 美しい光沢塗装で仕上げられた作品。背部スラスターの形状が改造されています。
RIMG1198.jpg
ゆーへい氏作『ガンダムF91』
 MG F91と旧キットのF91をニコイチして製作された作品。アニメスタイルとしてまとめられており、劇中の雰囲気に合わせたラインで構成されています。

 つづいて「つるまき鉄工所」 。鉄工所のおやぢ氏によるAFVモデルの製作をメインコンテンツとしたブログで、ブログタイトルは自宅の最寄り駅「鶴巻温泉」から取られたものだそうです。大量のAFVモデルが所狭しと並んでおり、珍しい車両の完成品やビネットなどが目を引きました。私もAFV好きなので、こういう光景は大好きです。
RIMG1208.jpg
『ドイツ偵察軽戦車 Vk1602 レオパルド』
 ホビーボスのキットで、小型パンターというようなコロコロした可愛い形をしています。
RIMG1207.jpg
 『カミオネッタ AS42 サハリアーナ』
 イタレリのキット。私はAS42の完成品は初めて見たのですが、意外と大きな車両で迫力がありました。車載機銃も精密に作られており、とても格好良い作品でした。
RIMG1206.jpg
 『アウトブリンダ AB43』
 これもイタレリのキット。戦後に警察が使用した車両を再現しており、装甲車らしからぬ真っ赤な塗装がオシャレな作品です。
RIMG1204.jpg
『シュタイヤー RSO』
 イタレリのキットですが、中身は往年のトラック大好きメーカー、マックス模型の金型を引き継いだものです。タミヤ動物セットの豚がいい味を出している、ほのぼのとしたビネットに仕上がっています

 次は『トライアングル』。藤沢市を中心に活動している模型サークルで、AFV、飛行機、艦船、キャラクターモデルと全てのジャンルを網羅しているとのこと。静岡ホビーショーでの合同展示会や湘南台公民館で定期的な展示会を開くなど精力的な活動が魅力。
RIMG1212.jpg
 木下氏作『Od2』
 全長80㎝という大型の作品で、なんと!!! 驚くべきことに紙製だということです。しかも!!! 台座のスイッチを押すと音を鳴らし、車輪がクランクして動きます。ポーランド製とのことですが、世界にはまだ見ぬ模型が沢山あってワクワクが尽きませんね♪


 そして「ポストホビー厚木店 模型製作会」。その名の通りポストホビー厚木店主催の模型製作会です。正直、レベル高いです。ポストホビー厚木店は厚木周辺の模型コミュニティ中心地。自然と凄腕のモデラーが集まってくるようです。
RIMG1218.jpg
 よっすぃー氏作『ブラックストーム』
 ブラックストームのポーズが決まる固定モデル。本体、エフェクトパーツ共々美しい光沢塗装で仕上げられています。
RIMG1220.jpg
 矢野真央氏作『ガンダム1~5号機』
 MG RX-78ガンダムOne Year War準拠でプロトタイプガンダム、ガンダム、G-3ガンダム、ガンダム4号機、ガンダム5号機が並べられていました。目標は7号機まで揃えることだそうで、今現在Bクラブのマドロック改造パーツとOne Year Warを合体させてガンダム6号機を製作中とのこと。勢揃いする日が楽しみです。

 最後に持込みコーナー。飛び入りで参加した流浪のモデラーたちの作品が所狭しと並んでいました。

RIMG1255.jpg
  mayupapa氏作『ランボルギーニ・アヴェンタドール』
 鮮やかな緑の上にうっすらとブルーパールで塗装されており、光の角度により表面が淡く青に輝いていました。こういった光沢塗装ができる人って本当に凄いです。
 RIMG1253.jpg
 Y.Shimizu氏作『永遠の業火の中で』
 ゲームズワークショップのケイオスロードを使ったビネットです。燃え盛る炎の表現と塗装で表現された炎の照り返しが見事! ミニチュアって本当にいいものですね~♪「ケイオスロード・オヴ・コーン/ジャガーノート騎乗」とか欲しくなっちゃいますね~


 まだまだレポートは続きます。



第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(1)ホビージャパン作例編
第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(3)E.O.S OBの会編
第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(4)林哲平編


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや



模型・プラモデル ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

林さん

はじめまして。mayupapaと申します。私のアヴェンタドールを掲載して頂きありがとうございます。このアヴェンタドールも静岡ホビーショー合同作品展へ持参しました。グリーンの上にクレオスのクリスタルカラー/サファイアブルーを薄っすらと吹いたもので、私はガンプラは作らないのですがガンプラでも面白い効果が得られるのではないかと思います。今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。アヴェンタドールの塗装、素晴らしかったです。
私はカーモデルは苦手なので、mayupapaさんのようにレヴェルの高いカーモデラーさんの作品を見るといつも釘付けになってしまうんですよ。

あの不思議な質感はクリスタルカラーのサファイアブルーを上掛けしたものだったんですね。
ガンプラでも試してみようと思います。教えてくださって本当にありがとうございます。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。