FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GKD-08 ベヴァルジェ(1)製作途中写真

RIMG1735.jpg
RIMG1733.jpg
RIMG17tg.jpg

 こんにちは。林哲平です。

 今回のケルバーダインは特別な目的のために制作したため、今までのケルバーダインとは違って明確な芸術的指標を立てて制作したスペシャルバージョンとなっています。


 9月2日に開催されるGEISAI♯17に奥さんが参加することになりました。

 奥さんは伝統的な日本の民芸品「郷土玩具」の復興活動の一貫として、張り子などの郷土玩具を現代風にアレンジ、かつさまざまな「モノ」と融合させた作品を制作する『フォークトイアレンジメント』という活動をしています。

 GEISAI♯17に参加することで張り子作家として、そしてアーティストとしてさらなる高みへ駆け上がろうとしている奥さんの姿を見ていると、全力で応援したい気持ちでいっぱいになります。

 自分もなにか手伝いたい! と言ったところ、

「フォークトイアレンジメント作品として、張り子を使ってあなたがプロモデラーとして培ってきた技術を詰め込んだ作品を作ってほしい」

 との依頼を受けたのです。

 こうして作り始めたのがこのケルバーダイン「GKD-08ベヴァルジェ」。

 「ベヴァルジェ」という名前は英語で張り子を意味する「paperMarche(ペーパーマルシェ)」をもじって命名しました。

 
 
RIMG1729.jpg
RIMG1730.jpg
RIMG1732.jpg
RIMG1731.jpg

 【4面図】

 ベヴァルジェは全て奥さんの経営する郷土玩具店「はりこのはやしや」商品の試作品や失敗作を組み合わせて制作しています。

 6月に制作し、日経MJにも掲載されたバリゴの制作手法をより発展させ、今までのケルバーダインとくらべ二回り以上に巨大な作品となっています。


 張り子をノリでつなぎ合わせ、胡粉とニカワを塗り全身を固めるという、古来よりの張り子制作法を忠実に守り組み上げました。

 胡粉とニカワは乾燥するとガッチリと硬化するので、100%紙製とはいえ相当に頑丈になりました。

 しかも中空でとても軽いので、展示会などへ出品するための持ち運びにも非常に便利です。張り子を作品に取り入れた作家さんが多いのもよく分かりますね。



 【作品テーマ】


 ベヴァルジェのテーマは「失われてしまった郷土玩具たちの怨念」です。

 郷土玩具というものは個人や家単位の家内制手工業として作られていたものがほとんでした。木製、紙製のものも多く、第二次世界大戦の戦禍の中で多くの郷土玩具が伝統の職人ごと焼きつくされました。

 そして戦後の高度経済成長期。合理化や大量生産の効率化が台頭する中、郷土玩具は後継者を失い次々と廃絶していったのです。

 今日まで生き残っている郷土玩具職人もその殆どが高齢で、後継者もほとんどいません。

 いま、そこにある、現在進行形での「文化の絶滅」なのです。

 可愛らしく、温かみのある郷土玩具ですが、その中には廃絶や消失で失われていってしまったものたちの怨念が詰まっていると私は考えています。

 
RIMG1738.jpg
RIMG1741.jpg

 【頭部】

 ベヴァルジェの頭部から尻尾にかけては、蛇をイメージした形状にまとめてあります。

 蛇は古来より、神聖さと邪悪さが同居する特別な生き物と考えられていました。

 そして大変執念深い、粗末に扱うと怨念を込めて人を呪う存在として過去さまざまな神話、物語に描かれています。

 「蛇の呪い」にちなんだ話を効いたことの無い人はいないと思います。

 ベヴァルジェはただの作品ではなく、「怨念の篭った呪物」として郷土玩具たちが集合したもの。怨念をより増幅する意味を込めて蛇の意匠を取り入れているのです。


RIMG1739.jpg

 【右腕】
 
 右腕には巨大な大砲を備え付けました。当然のことながら砲身も全て紙製です。

 戦禍によって多くが失われてしまった郷土玩具。今は郷土玩具たちが銃となり、かつて自分たちを消し去ったものへと復讐するために武器を持ち、襲いかかるのです。

 怨念の篭った銃弾を受けたものは、失われてしまったものたちの思いの深さを身を持って知ることになるでsじょう。


 続いては塗装した完成状態を紹介したいと思っています。「失われてしまった郷土玩具たちの怨念」をプロモデラーとしてどう再現するか?

 難しいテーマですが、チャレンジしたいと思います。


 関連記事

 GKD-08 ベヴァルジェ(2)完成写真
 GKD-06 バリゴ 完成写真

 
 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんのブログ。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや




模型・プラモデル ブログランキングへ









 

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
郷土玩具が失われつつあるのはさびしいですね。
自分は小学校のころ授業で動物の張子を作ったのですが最近はやらないんですかね。

失われつつある文化を広めていていくのは、何かマクロス的なものを感じます。
奥様とともにがんばってくださいね!

マクロス的ですか!!!

コメントありがとうございます。

マクロス的とは思いもよりませんでした。

バサラ風に「俺の張り子を見ろ!!!」って感じで頑張ります(笑)

はじめまして。

以前から時折覗かせていただいていましたが、郷土玩具と今風の造形の融合に心惹かれまして、初コメントさせていただきます。

個人的には伝統技法で現代的?な作品を作り上げるというのは、文化の存続のみならず、発展にも繋がる事ではないかと思いました。
事実、自分はこの作品のおかげで張り子に興味が持てましたので。

完成状態も楽しみにしています。
長文失礼致しました。

張り子、奥が深いです。

 コメントありがとうございます。

 張り子や、伝統的な日本の技法に理解を示していただき、本当に嬉しいです。

 伝統の技法の復興活動というのは、技術的に試行錯誤するところも多いですが、苦労した分達成感も多く楽しいです。

 うさぽさんのご期待の添えられるよう、頑張って完成させたいと思います。
プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。