FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【9】簡単ベースデコレート工作編

drb23.jpg

 こんにちは!!! 林哲平です♪

 メタルフィギュアやミニチュアはペイントして仕上げるだけでも格好良いものですが、どうせならより格好良く見せたいもの。

 そこでベースデコレートが重要となってきます。

 しっかりとしたベースデコレートを施せばミニチュアの魅力を何倍にも引き上げることができます。

 今回はベースデコレートに必要な素材と工作の解説をレクチャーします。

【1】必要な素材

drb01.jpg
drb02.jpg

 ミニチュアのベースデコレートに絶対に必要なもの。それは当然ながらベースです。

 海外のミニチュアメーカーなどから、ミニチュアに合ったさまざまなサイズのデコパージュ台が発売されています。

 今回使用したのはアンドレア製の木製デコパージュ台。ミニチュアパークで1500円にて購入しました。

 ベースを選ぶときは、次の二つのポイントを憶えておきましょう。

 (1)高さがあるもの

   高さがあると、ぱっと見たときに目にとまりやすくなります。

   ミニチュアはただでさえ小さいものなので、ベースの分高さを稼いで大きく見せるのです。

   優勝トロフィーの上にくっついているスポーツ選手像を想像してください。

   床に小さな人形が置かれていても、誰も気が付かないでしょう。

 (2)ミニチュアがベースからはみ出るもの。

   これはミニチュアのベースデコレートというよりはディオラマやヴィネットのテクニックなのですが、ズバリ!!! ミニチュアをベースからはみ出させると迫力が出ます。

   大きなベースの中にぽつんとミニチュアが置いてあると開いている空間にばかり目がいき、とてもさみしく見えてしまうのです。

   ベースの表面を底面に見立て、上に向かって扇形に広がるようなレイアウトがベストです。


 しょぼい手抜きのベースの上にデコレートしてしまうと、たとえどんなに素晴らしく仕上げたメタルフィギュアでも全てが台無しに。

 逆に言えば、いいベースを選んでしっかりデコレートすればミニチュアの出来栄えをベースでカバーすることもできます。

   
drb08.jpg

 エポキシパテはベースの地面作りに使います。

 写真はウェーブエポキシパテ[軽量グレータイプ]。

 値段の割に量が多く、硬化も早く使いやすいのでベースデコレートに最適です。

drb16.jpg

 木工用ボンドはベースに設置する石や砂を固定するために使用します。

 手早く作業できるので写真の速乾タイプのものがオススメ。

drb12.jpg

 ズバリ、石です。

 家の前の砂利道で手頃なサイズのものを拾ってきました。

 水洗いして、この状態で電子レンジに入れて3分ほどチンしています。

 野外で拾ってきた石や砂には植物の種子が混入していることがあり、しばらくするとニョキニョキと草が生えてきてびっくりするハメに。

 熱を通して種子を殺しておきましょう。

 もっとさまざまな種類の石から選んでコダワリたい!!! という人は鉄道模型用のレイアウトストーンやコルクブロックなどを購入してください。

drb22.jpg

 砂は野外のものはサイズが揃っていないので、ディオラマ用や鉄道模型用の砂を買うほうが手っ取り早いです。

 私はミニチュアのベースデコレート用にいつも使っているシタデルサンドを使いました。

 

【2】ミニチュアをベースに固定する!!!

 材料が揃ったら、いざベースデコレート開始です。

drb25.jpg

 まず最初にしなければいけないのがベースの保護。

 ミニチュアを置く面以外をマスキングテープでコートします。

 作業中は接着剤や塗料をふんだんに使うので、これを怠るとベースが汚れて見栄えが悪くなってしまうのです。


drb23.jpg

 ミニチュアを乗せてバランスをチェック。

 ベース選びのポイントでも解説していますが、ミニチュアがベースからハミ出し、底面から扇形に広がるレイアウトとすれば迫力を出すことができます。

drb05.jpg

 ピンバイスでベースにシンチュウ線を刺す穴を開けます。

 しっかりと補強するために、深い穴を堀りましょう。

drb06.jpg

 メタルフィギュアの側にも穴を開け、3mmシンチュウ線でベースに固定。

 接着はエポキシ系接着剤でガッチリと固めます。

 メタルフィギュアは重いので、固定がしっかりしていないとちょっとした衝撃でベースから転がり落ちてしまうのです。

drb07.jpg

 固定した状態。

 空間を開けているのは、少しでも高さを稼いでヴィネットを高く見せるため。

 空いた隙間は石やエポキシパテで簡単に埋めることにします。
 

【3】グランドワーク編。石の固定

drb09.jpg

 ウェーブエポキシパテ[軽量グレータイプ]を等分にカットします。

 多少なら主剤と硬化剤の分量が違っても硬化しますが、硬化不良を引き起こしやすくなるので必ず同じ量に揃えましょう。
drb26.jpg

 エポキシパテを混ぜます。

 ついつい忘れてしまいがちですが、エポキシパテは人体に有害なので混ぜるときは手袋をつけて混ぜましょう。

drb27.jpg

 エポパテを混ぜた状態。

 色がマーブル模様から均一になり、完全に混ざったように見えても油断してはいけません。

 外側が混ざったように見えても内部が混ざっていないことがよくあります。

 5分くらいしっかりとこねくり回して混ぜ合わせましょう。

drb11.jpg

 エポキシパテを細かくちぎり、ベースとミニチュアの隙間を埋めます。

drb13.jpg

 ここでついにSHIストーンことその辺で拾った石を使うときがきました。

drb14.jpg

 ムニュッ! とエポキシパテに押し付けて固定します。

 エポパテを表面に出さないように、周りを石で囲んでいきましょう。

drb15.jpg

 小さな石やぐらつく石は瞬間接着剤で固定します。

 石と石同士は結構隙間が開いているので、多めに流しこみましょう。


【4】グランドワーク編。砂の固定

drb17.jpg

 砂の固定には木工用ボンドを使います。

 まずは砂をまく場所にツマヨウジで木工用ボンドを塗布します。

drb18.jpg

 上からパラパラと砂をまくとボンドの上に固定されます。

 砂がぐらつくようなら指で押さえて固定しましょう。

drb19.jpg
drb20.jpg

 最後の仕上げとして、水で溶いた木工用ボンドを全体に塗って砂と石を固定します。

 木工用ボンドが筆に残った状態で乾くと…… 筆が使い物にならなくなってしまいます。

 こまめに水で洗いましょう。

drb21.jpg

 グランドワークが終わった状態。

 エポキシパテと石、砂があればそれっぽい地面を簡単に作ることができます。

 次回はドライブラシ、ウェットブラシを使って地面をリアルにペイントする方法を解説します。



 関連記事

PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)【1】レヴュー編

PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)【2】完成写真単体編

PATHFINDER Red Dragon(パスファインダー レッドドラゴン)【3】完成写真ヴィネット編

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【1】〈メタルパーツの整形と加工

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【2】〈メタルパーツの接着と組み立て〉

 初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【3】〈メタルフィギアの下地塗装〉

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【4】〈塗料・筆の選び方と簡単レイヤリング法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【5】塗装で凹凸を表現!!! 筆塗りグラデーション法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【6】筆のタッチでウロコを再現!!! ペイントディテーリング法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【7】モンスターミニチュアの鬼門!!! ツノ、キバ、口、瞳のペイント法とつや消しコート

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【8】ちょいグロ!!! 簡単にモンスターのヨダレを再現する方法

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【10】簡単ベースデコレートペイント編

初心者でも安心! プロモデラーが1から10まで教えるメタルフィギュア簡単製作法【EX】レッドドラゴンペイントダイジェスト編

 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

 こちらは奥さんが「紙世ハル」のペンネームで活動している現代アートを扱ったホームページです。

 フォークトイアレンジメント



模型・プラモデル ブログランキングへ

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

非常に幅広い知識、感服します。
小石をレンジでチンとか、そういう発想は出てこないですね。
草生えてきたらそれはそれで良さそうな気もしますけどw

参考にする生き物にしても、最大のワニだとか謎のトカゲだとか色々よく知ってるなあと。あのアオジタトカゲってなんかツチノコみたいですね。
ガンプラやミリタリものの作例を見る機会は何度かあったものの、フィギュアの塗装にもこれほど精通してるとは、ってのが感想です。

何かに特化するのもアリとかもしれませんが、表現の幅が広ければより色々な発想が生まれる可能性に繋がると私は思ってます。

Kenさん、コメントありがとうございます。

高く評価していただき、ありがとうございます。

小石を熱して使うテクニックは、大昔のホビージャパンのディオラマ特集号で紹介されていた方法です。
当時はフライパンで炒めろとということだったのですが、レンジでチンするほうが楽なのでそこはアレンジしています。

私はガンプラやミニタリーが好き! というよりもプラモデルそのものや作ることが好きなので、ジャンルはあまり気にしたことは無いですね。

メタルフィギアはつい最近までまったく知らないジャンルだったので、作るのが楽しくてしかたがないです。

新しいジャンルを開拓するのは楽しいですね♪
プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。