FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーフェスティバル2013年〈冬〉レポート

 こんにちは。林哲平です。

 2月11日に幕張メッセで開催された、ワンダーフェスティバル2013年〈冬〉に行って来ました。
 
 個人的に気になったものを撮影してきたので、いくつか紹介していきます。

wf2013e.jpg
wf2013f.jpg

 若丸屋さんより「ジャオーム」

 前作のサイバスターポゼッションにつづきマサキ最初の乗機を立体化。若丸屋さんお得意のメリハリを効かせたプロポーションバランスは見事の一言。今回のワンダーフェスティバルでも、圧倒的な存在感を放っていました。

wf2013g.jpg
wf2013h.jpg

 シリコントライブさんより「バロンズゥ」

 『ブレンパワード』メカ最大の特徴である、板バネが折り重なったかのような複雑なディテールをシャープに立体化されています。特に頭部はディテールの密度も濃厚で、見る者を圧倒させます。

wf2013a.jpg

 有有堂さんより「三世村正」

 メリハリの付いたケレン味あるプロポーションバランスと複雑なディテールを兼ね備えた力作です。

 こちらは以前第一回「ポストホビー厚木店 合同模型展示会」レポート(2)E.O.S OBの会編で紹介したポストホビー厚木店の店員である私の友人の弟さんが製作されたものです。

 若丸氏と友人関係にあるとのことで、2世村正製作にあたりメカスクラッチの極意をいろいろと教わったとのこと。事前に作っているという話は聞いていましたが、ここまで凄いものだと思っていなかったので見てびっくりしました。

 まだ若いモデラーさんなので、これからの成長がとても楽しみですね♪



wf2013d.jpg

 FrameWORKさんより「E.S.アシェル」

 コスモス以外はなかなか立体化に恵まれることのないゼノサーガシリーズのメカ。胴体と頭が一体化された独特のデザインを破綻することなくシャープに立体化しています。

wf2013b.jpg

 G・A・O電気ぶたナマズさんより「バランシュナイル」

 ネオ・グランゾンの影に隠れてイマイチ印象の薄いバランシュナイルですが、私は大好きです。上半身のみという特異なバランスを崩すことなく見事に立体化されています。

wf2013q.jpg
wf2013p.jpg

FieldGreyModelingさんより「チェーンガンシステム ダムド9009」

 かつてホビージャパンで連載された『電脳戦機バーチャロン ワンマンレスキュー』に登場したガトリングガンです。コトブキヤのライデンに持たせるためのキットで、バーチャロンファンにはたまらない一品です。


wf2013m.jpg

  道楽模型堂さんより「1:48ドール」

 CADと立体成型機を駆使して制作されたドール。ドールはギミック満載のSPTで、道楽模型堂さんのドールは設定画のバランスを崩すことなく、ギミックを組み込んだま素晴らしい作品です。このまま行けば完全変形レイズナーMK‐Ⅱとか作れるんじゃないでしょうか? 次回作が今から楽しみです。

wf2013l.jpg

 Dolly Daggerさんより「ブラックサタン」

 『魔神英雄伝ワタル2』に登場する第六星界のボスです。今回ワタル系の立体物はとても多かったのですが、劇中のイメージを忠実に再現した造形と精度の高い造形が光る、Dolly Daggeさんの魔神が一番良かったと思います。

wf2013i.jpg

 FlatFactoryさんより「VA‐1SSメタルサイレーン」

 黒歴史とされることも多い『マクロス2』よりメタルサイレーンのファイター形態を立体化されています。スケールは1:72ですが非常に大型のモデルで、キャラクター性を損なわないように、航空機的な造形がされた素晴らしい作品です。「メタルサイレーンてこんなに格好良かったのか!!!」と驚かされました。



wf2013c.jpg

八広ディーシーさんより「カドモス」

 「月刊アフタヌーン」に掲載されていたSF漫画で高名な星野之宣氏の作品『ムーン・ロスト』に登場する宇宙船です。私も星野氏の描くメカは大好きで、ガンダムウェポンズ 逆襲のシャア編IIでは氏のデザインしたハイ・ストリーマー版νガンダムを製作したりしていますが、このカドモスはまったく存在を知らなかったので勉強になりました。

 星野メカ、いいですよね♪



wf2013r.jpg

 がばごぼげべさんより「デミウルゴス」

wf2013s.jpg

 「ティアマト」

 『女神転生シリーズ』の悪魔を精力的に製作されているがばごぼげべさんの新作はデミウルゴスとティアマトです。デザイナーの金子一馬氏が「戦隊モノのラスボスをイメージした」というデミウルゴス。命の誕生を司る地母神として男性器と女性器を匠にデザインに取り入れたティアマト。金子一馬氏のイラストイメージ通りに立体化されています。

wf2013t.jpg

 造魔殿さんより「ニャルラトホテプ」

 「ペルソナ2罰」の最終ボスを立体化されています。低いレベルで初挑戦し、全体攻撃一撃で全滅したのも懐かしい思い出です。

wf2013u.jpg

 真・造形何とかの会さんより「ピグモン」

 ピグモンの死骸から冬虫夏草のような寄生性のキノコが生えているというシチュエーションの造形物で、ジャングルなんかに置けば本物と勘違いしてしまいそうです。こういった形での「もし怪獣が本当にいたらどうなるんだろう?」とのアプローチは斬新で、とても面白いと感じました。

 MPMさんより「紙だけで作られた動くロボット」
wf2013n.jpg

 MPMとは「Mechanical Paper Model」の略称で、朽ち行く機械をテーマに動くペーパーモデルを製作しているとのことです。

 写真のロボットは軸に串を使っている以外は歯車まで全レーザー裁断された紙で出来ており、輪ゴムを動力として動きます。

 動いているところを見ましたが、Zナイトのようにウィンウィンと前身し、紙でここまでできるのか! と衝撃を受けました。

 最近のペーパークラフトは凄いものばかりですが、機械のように動くものまであるとは。世界は広いですね。


 ワンダーフェスティバルには日本中から集まった造形物が所狭しと並んでいるので、否が応にも制作意欲が高められますね。

 次回のワンダーフェスティバル2013年〈夏)がいまから楽しみです♪





 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン


 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg


 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

 こちらは奥さんが「紙世ハル」のペンネームで活動している現代アートを扱ったホームページです。

 フォークトイアレンジメント



模型・プラモデル ブログランキングへ


 

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

ワンフェスやっぱいいですね!
ビジネスがどうとか利益がどうとかより、とにかく
いいもの作りたいってのが伝わってきます。
良いものはメーカーが買い取って製品化なんてのがあると、
更に盛り上がりそうなもんですが。弊害も大きそうですけど。
村正かっこいいなあ・・・。

さてHJの4月号ですが、08小隊作例思ってたより少なくて
残念でした・・・。ガルパンももうちょっとフツーのミリタリモノと
連携させて、ボリュームがあっても良かったと思うんですが。
まあ作例担当さんに愚痴ってもしょうがないんですけどw

「LBX製作の教科書」はガンプラ作りの教科書として
買おうかなと検討中です。立ち読みできそうな所で
ちょっと覗いてみて決めますw

こんばんは。
今回のWFも非常にレベルの高い造形物が集まっていますね。
ペーパークラフトの技術も非常に向上しているみたいですね。
そういえば原寸大紙製スコープドッグもWFにあったそうで。

星野メカは自分も好きですよ。
ほとんど立体化されないのでカドモスが立体化されたのは驚きました。
星野メカ独特の細かなディティールが良いですね。
「ムーン・ロスト」は全2巻。星野作品の中でもお手軽なほうなので暇があればぜひ読むことをお勧めします!

Kenさん、コメントありがとうございます。

ワンフェスいいですね~♪

あそこに行くと自分の未熟さを身にしみて感じるので、精進せねば!!! と決意をあらたにしますね。

ちなみにWFでアマチュアディーラーが出している原型を企業が買い取って商品化、というのはけっこうよくありますよ。

原型師によってはフィギアの売上げに応じた金額を受け取って3千万近い利益を上げたり、メカ系のガレキがプラモデルになったり……とアマチュアから商業への間口は意外と広かったりします。

「LBX製作の教科書」はLBXのみならず、バンダイのプラモデル全てに応用できる内容なのでぜひ見てくださいね♪

わっちさん、コメントありがとうございます。

こんばんわ。

原寸大スコープドッグありましたね。

みんなが腕を肩に担いで「キリコごっこ」の記念写真を撮っていたのがウケました。

ペーパークラフトはCADでデザインしてレーザーで型紙を切り抜けるようになってからは別次元に進歩しましたね。

昔学研から出ていた恐竜やウルトラ怪獣のペーパークラフトはよく作りました。



わっちさん、星野メカ好きですか!!!

星野メカ格好良いですよね。無機質な工業デザイン系のラインがなんともいえないです。

「ムーン・ロスト」、機会があればぜひ読んでみようと思います。

プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。