スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカレベル 1/25ダッジ・ラムVTS【4】レーシングストライプ塗装編

ramvtsracesingstrap (1)

 こんにちは。林哲平です。

 アメ車の塗装で欠かせないポイント!!!

 レーシングストライプの塗装に入りたいと思います。

 キットにはデカールも入っていますが、ボディを徹底的に修正したので当然デカールも合わず。

 ただ、このレーシングストライプを真っ直ぐにビシ!と決めるのって結構難しいんですよね。
 
 塗装の様子を順番に解説してゆくので、レーシングストライプが上手く塗れない!!! という人はぜひ参考にしてください。

 まず、本体色の塗装が終わった後に一度全体にクリアーを吹き、本体色を保護します。

 これによりマスキング漏れした塗料が本体色を侵すのを防ぎ、リカバリーも簡単になります。

 続いてボディの中心にデカールから採寸した幅3㎜の中心線をマスキングテープで貼ります。

 こうの中心線がズレてしまうと全てが台無しになってしまうので慎重に貼っていきます。

 私はボディやルーフ、バンパーやボンネットの裏側中心部分に鉛筆で塗装前からアタリを書き込んでおき、それをガイドにして貼りました。
 
ramvtsracesingstrap (2)

 続いて8㎜幅に切り出したマスキングテープを左右に貼り、その外側を細切りのマスキングテープで覆います。

 長めに切ったマスキングテープで一気にマスキングするのがキレイにマスキングするコツです。

 場合によってはタミヤのマスキングテープではなく、最初から細めにカットされているゴム製の粘着力が強めのマスキングテープを使うのもアリですが、よく剥がすときに塗膜を持っていかれるので私は怖くてなかなか使えないんですけどね。

ramvtsracesingstrap (3)

 ボディ全てをマスキングテープで覆います。

 意外と想定外のマスキング漏れがあったりするので気をつけましょう。

 ボディの裏側からミストが吹き込むことも多いのでボディ裏側もしっかりとマスキングしておきます。

ramvtsracesingstrap (4)

 レーシングストライプにあたる部分のマスキングテープを剥がしてマスキング完了。

 塗装する前にマスキングテープが浮いているところが無いか一度チェックしておくと安心です。

ramvtsracesingstrap (5)

 ガイアノーツのEXホワイトでレーシングストライプを塗装します。

 Exホワイトは隠蔽力が強い色ですが、それでも一気に塗ると溶剤成分が下地を侵したり、マスキングテープの中に塗料が染みこんだりとろくなことがありません。

 塗装→乾燥を繰り返しながら、少しずつ発色させていきましょう。

 私は今回3時間ほど、6回くらいに分けてExホワイトを塗装しています。

ramvtsracesingstrap (6)

 マスキングを剥がしたら、1日ほどしっかりと塗料を乾燥させてからマスキングテープを剥がします。

 ホワイトのラインのフチは塗膜の厚みでかなりの段差ができているので2000番紙ヤスリでそっと段差をなでてなだらかにしておきましょう。

 最終的には研ぎ出しで平滑にするので、この時点で段差が完全に消えるくらい削りこむのはオススメしません。

 削り過ぎるとせっかくキレイに塗装したレーシングストライプのラインがぼやけたり、下地まで削り込まれてしまって最初からやり直し!!! という悲劇を呼びかねません。

ramvtsracesingstrap (7)

 レーシングストライプが塗り終わりました!!!

 やはり塗装で再現するとビシっと決まりますね。

 さ、次晴れの日が来たらクリアーがけしよ~





 
 関連項目

 アメリカレベル1/25ダッジ・ラムVTS【1】キットレビュー編
 
 アメリカレベル1/25ダッジ・ラムVTS【2】ボディ工作編

 アメリカレベル1/25ダッジ・ラムVTS【3】ボディ塗装編




 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ

またもやオリジナルガンプラ大集結!!! ホビージャパン2015年8月号発売!!!




 こんにちは。
 
 梅雨どきで趣味で作っているカーモデルにクリアーが吹けず、悶々としている林哲平です。

 ホビージャパン2015年8月号発売しました~♪


 今月の巻頭特集は「ガンダムビルドファイターズトライ 最強機動トライオン3&HJビルドカスタムGREAT!!!」。

 その名の通り、オリジナルガンプラてんこ盛りの内容となっています。

 個人的にコレは良かった、!!! とイチオシの作例はJUNⅢ氏作の「フラッグフレア」

 フラッグとブレイブをニコイチし、大型のウイングをXの形に追加。

 カラーリングは鮮やかな赤と「カッコ良さ」のツボをしっか押さえた内容で、使っているキットの量も少なく、真似しやすいのもいいですね。

 フラッグは前々からに量産機にするのが勿体無いデザインだといつも思ってました。

 普通の深夜ロボアニメならリッパに主役を勤められる格好良さです。

 今月私の製作した作例は、破幻のジスタ第4弾のジスタをカスタマイズして製作した「パーフェクト山田キャノン」


 かつてコミックボンボンの読者投稿SDデザインコンテストで入賞し、ガシャポン戦士化された「パーフェクトズゴックキャノン」が元ネタです。

 今回のシリーズにラインナップされている山田は第一弾の山田とはまったく違う完全新規造形のもの。

 見比べてみるとディテールやプロポーションが違い、最新のフォーマット?に合わせてアップデートされているんですよね。

 両方持っている人は見比べてみるのも面白いかも。

 簡単なHOWTOも掲載されているので、俺ジスタを作ってみたい!!! という人はぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 今月もホビージャパンをよろしくお願いします。



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ



アメリカレベル 1/25ダッジ・ラムVTS【3】

ramvtsbodypaint (1)

 こんにちは。

 あ~ホットロッドのアメプラ超作りて~ と最近不穏なことばかり考えている林哲平です。

 ダッジ・ラムVTS、やっと塗装にこぎつけました。

 正直表面処理してる最中は永遠に塗装なんて出来ないんじゃないか? って思ってましたからね。

 ダッジ・ラムVTSのカラーリングは鮮やかなメタリックブルー。

 メタリックカラーの輝きを最大に引き出すため、下地にガイアノーツのアルティメットブラックを塗装して下地作り。

 カーモデルだとメタリック塗装でも下地に黒を吹かないのが一般的のようですが、少しでもショーカーらしい派手な仕上げとしたいので黒下地としました。

 ワイパー周りは研ぎ出し後にフラットブラックで塗装する部分。

 細かいディテールが多く、クリアーを厚吹きするとディテールが潰れてしまうのであらかじめマスキングしています。

 
ramvtsbodypaint (2)

 メタリックブルーはいろんな色を試してみましたが、結局タミヤのマイカブルーに落ち着きました。

 メタリックの粒子が細かく、仕上がりがキレイなんですよね。

 缶スプレーからビンに移し替え、ガス抜きをしてからレベリングうすめ液で希釈。

 色ムラにならないように、5~6回に分けて塗装しています。

 さ、次はレーシングストライプ塗るぞ~♪


 関連項目

 アメリカレベル ダッジ・ラムVTS【1】

 アメリカレベル ダッジ・ラムVTS【2】


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ





アメリカレベル ダッジ・ラムVTS【2】

ramvtsbody (4)
ramvtsbody (5)

 こんにちは。

 最近ホットウィールにハマりまくりな林哲平です。

 ダッジ・ラムVTS、やっと塗装前の状態までもってこれました。

 もういきなりサフ吹き状態で、サクサク♪ っとここまで仕上がったようにみえますが……

 もうあまりにも苦労の連続で、作例ではない趣味のプラモデルでこんなに苦労したのは生まれて初めてですね。

ramvtsbody (1)
ramvtsbody (2)
ramvtsbody (3)

 ボディ3面図。

 柔らかく、かつプラの厚みもあるというステキ使用のボディ。

 おかげで全面ヒケだらけ。

 400番紙ヤスリで全体的に削りこんでヒケを消し、スジ彫りは0.2㎜と0.15㎜のBMCタガネで全て彫り直しました。

 正直なところ、プラモデルを作っているというよりも、ワンダーフェスティバルで買ってきたイベントガレージキットを製作している気分でしたね。

 600番までヤスリがけしたあとにサーフェイサー1500を吹き、また浮き上がってきたキズや歪みを消す…… という作業を6回ほど繰り返しています。

 ボディはメタリックブルーで塗装するので、サフの層を最後に2000番紙ヤスリで磨き、レベリングうすめ液を多めに混ぜて希釈を薄くしたサーフェイサー1500を最後に吹付け、サフ地を滑らかにしてみました。

 昔アルヴァアロンをフルスクラッチしたときもこんなに表面処理で苦労はしなかったような。

ramvtsbody (6)

 ボディと一体だったワイパーは模型用彫刻刀で削り落としました。

 塗装後にエッチングパーツのワイパーを装着する予定です。

 同じく一体だったエンジンの補機類は切り離して別パーツ化。

ramvtsbody (7)


 予想外に手間取ったのがドアとボンネット周り。

 実車写真をよくよく見ると、ドアとボンネット後部の形がキットのものと全然ちがうんですね。

 キットは2台目ダッジ・ラムの初期型を参考にしているようで、後期型ベースの1996年型ダッジ・ラムVTSのボンネットからドアに繋がるラインは下に一直線の形となっているんです。

 表面処理がほとんど終わったときに気が付き、もう見なかったことにしようかなとも思ったのですが、ここまで苦労したんだからもうついでだ!と修正しました。


ramvtsbody (8)


 荷台は後部ハッチの開閉ギミックつき、トノカバーも取り外し可能なんですが……

 笑えるくらい合わない。

 ギミックを活かすために微調整してたらメタルフィギュアとか一体完成するなと感じた瞬間、トノカバーを接着してギミックは封印しました。

 実車もトノカバーをずっと被せたままにしているのでこれでもアリだろうということで。

 隙間を全てMr.瞬間接着パテで埋め、スジ彫りやディテールは全て後から彫り直しています。

ramvtsbody (11)

 シャシーには完成後にベースに固定するためのナットを埋め込んでいます。

 トラックのシャシーはラダーフレームなのでナットを埋め込む場所が限られ、以外と苦労しました。

 こういう固定ネジ埋め込みは完成後の作品保全のために欠かせないポイントですからね。

ramvtsbody (13)
ramvtsbody (10)

 一番苦労したボンネット。

 2本のプレスラインを光硬化パテロックレーザー328で埋め、ディテール再現だったメッシュ部分をくりぬいています。

 とにかくこのボンネット、ボディと全然合わない。

 普通の車と違い、ボディの上に載せるような形になっているので隙間が非常に目立つんです!!!

 細切りのプラ板を張って微調整を繰り返し、それでも隙間が開くので瞬間接着パテやエポパテなどなど、あらゆる素材と方法を試しましたがなかなかうまくいきません。

 なんとかこれくらいなら許せるかな? というところまで頑張りました。

 コレ以上いろいろしてると永遠に完成しなさそうだし。

 プラモデルの大敵は完璧主義ですからね♪


 
ramvtsbody (9)

 バンパーは埋まっていたグリルを開口。

 ここもフロントグリル同様、後からメッシュを貼る予定です。

ramvtsbody (12)

 最後の強敵だったドアミラー。

 ドアミラーはボディの根本から生えている構造で、キットのまま作るとドアミラーつけたまま塗装や研ぎ出しをせねばならず、大変不便です。

 そこでボディに埋まっている付け根部分をBMCタガネでほり込んで切り離し、まるごと別パーツ化。

 塗装後にボディへはめ込む方式へと変更しています。

 
 というわけでやっとのことでボディの整形終了です。

 この作業量だけで前回作ったゴルフⅡぐらいなら余裕で完成しそうかも。

 さ、頑張って塗るぞ~♪

 関連項目

 アメリカレベル 1/25 ダッジ・ラムVTS【1】



 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ





表紙は百式だけど、注目は超ド級徹底改修ネオジオング!!! ホビージャパン2015年7月号発売!!!





 こんにちは。
 
 ぎっくり腰の後遺症で長時間座るのが辛い林哲平です。

 ホビージャパン2015年7月号発売しました~♪

 今月号は表紙こそニューキットの百式ですが、yubaba氏のフルスクラッチジーラッハ、鈴木政貴氏のモビルアーマー形態、超巨大武者形態に変形する超機動殺駆頭将軍と巨大作例目白押しでページをめくるたびに目玉が飛び出るような大型作例ばかり。

 その中でもアクシズ店長氏が製作された1/144ネオジオングは最注目作例でしょう。


 ネオジオングを組み立てたことがある人(あまりいないか)ならわかると思いますが、あのキットはその巨大なボディをささえるため頑丈さと組み立てやすさを優先した構成。

 普通にパチパチ組み立てて飾っておくぶんにはいいのですが、全塗装、ましてや劇中のギミックをフル再現してディテールアップして仕上げるとなると大変どころの話ではありません。

 それをたった一人で成し遂げたアクシズ店長氏には本当に頭の下がる思いです。シャンブロも凄かったですが、このネオジオングはそれを完全に超えています。

 模型好きなら見ないのはかなり損だと思いますよ。

 個人的に今月ツボだったのは一ノ戸晃治氏製作のフォードF100ピックアップトラック。

 


 30年以上前のAMTのキットで、形にするだけでも大変なシロモノ。

 これをあっさりと現代の最新キットのようにさらりと仕上げる一ノ戸氏の技術には感嘆するほかありません。

 自分も今ちょうどピックアップトラックのアメプラを作っているので、モチベーションがあがりまくりです。

 で。

 今月私の製作した作例は2体。

 一体目は「ガンダムドライオンドライ」

 プレミアムバンダイ限定キットで、HGトライオン3に新規造形のブレードアンテナを加え、成型色を黒に変更したもの。

 これは超合金ロボのブラックバージョンだろう、ということでテカテカのグロスブラックで仕上げています。

 製作記事では複雑極まりないブレードアンテナの塗り分けを簡単かつキレイに仕上げる方法やサフレス光沢塗装のススメ、剣を両手で構えられるようにするための肩関節の追加工作などを紹介しています。

 2体目はMGハイパー・メガ・ランチャー

 目立つ肉抜き穴を埋めるポイントと、各部のバーニアの自作などポイントを絞り、初心者でもカッコイイメガ・バズーカ・ランチャーを仕上げられるよう解説しています。

 今月私は作例2体でぐったりしていましたが、他のモデラーさんのスクラッチ作例や巨大作例なんかを見ていると、自分の修行の足りなさを実感しますね。

 今月はかなり見応えありますので、ホビージャパン2015年7月号をよろしくお願いします!!!


 私、林哲平の創作するロボットを紹介するホームページです。ご覧頂ければ幸いです。

 再生構築機界ケルバーダイン

image11.jpg

 こちらは奥さんの経営する伝統玩具店のホームページとブログです。伝統の製法と素材にこだわり、職人が一つ一つ手作りで仕上げた伝統玩具「江戸張り子」を販売しています。こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

hayashiya.jpg

 はりこのはやしや ブログ

 はりこのはやしや ホームページ

<


模型・プラモデル ブログランキングへ




プロフィール

林哲平

Author:林哲平
林哲平と申します。物心ついた頃から模型製作一筋。気がついたら模型を生業とする立場になっておりました。現在は総合模型雑誌「ホビージャパン」さまにお仕事を頂くことができ、充実した毎日を送っております。最近はメタルフィギュにハマり中です。連絡はhayashiteppei30@gmail.comまでメールをお願いします。

FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter HayashiTeppei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。